【サッカー人気2位】長谷川健太監督「(ディエゴは)自分で歩…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第35節 福岡-山形】「無失点で耐えられないという弱さが見えた」/松本怜大/ヴィニシウス

2020明治安田生命J2リーグ 第35節
日時:2020年11月21日(土)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,590人
結果:アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形
得点:[山形]ヴィニシウス アラウージョ(12分)、[福岡]木戸皓貴(67分)

◎松本怜大選手(山形);
Q:勝って30歳を迎えたかったと思いますが、今日の試合の振り返りと、勝点1に対する評価をお願いします。
「内容としては早い時間に相手のミスではありますけれども点が取れて、ただそのあと、今年の課題として挙げられる無失点で耐えることができずに終わってしまうという、そういう部分の弱さが少し見えたかなと思います」

Q:前半から、松本選手は高い位置を取れていたと思います。試合の入りがよかった要因は、どこにあったと思いますか?
「スカウティング通りで、相手の守備が食いつくというのを映像でチェックできていたので、そこは上手くウィークを突けたと思います」

Q:得点につながったクロスは、どの様な狙いを持ってあげられたのでしょうか?
「いえ、特に狙いはなかったですね。感覚で上げて、ちょっとミスっぽい感じで上がって、GKもミスしたという感じです」

◎ヴィニシウス アラウージョ選手(山形);
Q:先制ゴールのシーンを改めて振り返ってください。
「FWとしていつもゴールを狙っているので、相手のGKがミスしたんですけれども、そのミスを逃さずに押し込むだけでした」

Q:今日は真ん中でポストプレーをして起点になることが多かったようですが、攻撃の仕方で、いつもと違うことはあったのでしょうか?
「試合前に監督が、福岡さんは相手に依存する守備の仕方だと言っていたので、味方を良く見て、味方が裏に行った時には、足下に顔を出すという意識をして試合に臨みました」

Q:追加点が欲しかったところだと思いますが、2点目を取り切れなかったということでは、どこに課題があったのでしょうか?
「相手は首位を狙っているチームなので、試合前にタフな試合になると予測していて、細かいところで試合が決まるのではないかと心の準備をしていました。2点目、3点目が決められたら、もっとうまく試合を進められたのではないかと思いますけれども、それもサッカーなので、それを課題として取り組んで、次の試合で同じような展開になった場合には、追加点を決められるチームになっていたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック