【サッカー人気3位】仲川輝人の公式戦先発は9月16日以来、…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第35節 福岡-山形】「やるべきことが、なかなか徹底できなかった」/上島拓巳/木戸皓貴

2020明治安田生命J2リーグ 第35節
日時:2020年11月21日(土)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,590人
結果:アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形
得点:[山形]ヴィニシウス アラウージョ(12分)、[福岡]木戸皓貴(67分)

◎上島拓巳選手(福岡);
Q:勝ちたかった試合だったと思います。悪いところもあれば、いいところもあった試合ですが、引き分けという結果を、どの様に振り返っていますか?
「前半の早い時間帯にミスから失点が生まれてしまって、非常に難しいゲーム展開だったと思います。ただ、今まで先制された試合を引き分けたり、勝ちに持っていけなかったり、なかなかできなかった中で、みんな本当に我慢強く2失点目を与えなかったこと、後半のいい時間帯に同点ゴールを取って、さらに逆転に近いところまでゲームを持っていけたというところは、チームとして評価できる点だと思います」

Q:後半に盛り返すという点では、山口戦、そして今日の試合と、チームとして上積みできている部分だと思いますが、逆に、この2試合は立ち上がりに「らしくないプレー」が続くというか、上手くやれていない印象があります。
「主導権を握られて、相手のやりたいようなサッカーをさせてしまったとというところは、本当に山口戦と似たような感覚で、自分たちがやるべきことが、なかなか徹底できなかった前半だったと思います。そういう自分たちの隙から失点を生んでしまったと思いますが、そこを残りの7試合で改善していければ、よりよいゲーム展開につながっていくのかなと思います」

Q:昇格は上位3チームに絞られたと思いますが、どのチームもまったく分からない状況です。その中で、どのように戦っていきたいとお考えですか?
「幸いにも自動昇格圏にいますし、上とも勝点差2ということで、昇格も優勝も狙える立ち位置に現在います。本当にJ2は混戦なので、徳島さんも、長崎さんも、どういう状況になるか分かりませんけれども、ただひとつ言えることは、アビスパ福岡が勝ち続ければ、自分たちの目標が達成できるということです。今まで積み上げてきたものが自分たちにはあるので、それを信じて、今日の前半のような展開にならないように、もっと気を引き締めてというか、初心に立ち返ったプレーをしないといけないと、ひしひしと感じています」

Q:山形の選手が、アビスパのCBは食いついてくるので、そこのギャップや裏を狙っていたとおっしゃっていましたが、その辺は、ピッチの中でどのように感じていましたか?
「そこは僕たちの良さでもあって、同時に相手が狙ってくるところでもあると思っています。ただ、ヴィニシウス選手は本当に上手かったですけれども、そこので決定的なシーンは与えなかったと思いますし、彼らの狙いのプレーをやられたシーンもあったかもしれませんが、全体的にはうまく守れていたと思います」

木戸皓貴選手(福岡);
Q:ファーストプレーでのゴール。チームに勝点1を持たらす貴重なゴールになりました。まずはゴールシーンを振り返っていただけますか?
「負けている状況だったので、しっかりと結果を出しチームに勢いをもたらそうという気持ちで入ったので、それがファーストプレーでのゴールということにつながり、本当にイメージ通りの得点でした。それでチームも勢い付いたと思いますし、よかったのではないかと思います」

Q:前節の山口戦も途中交代でピッチに入って、チームの流れを変える活躍をされましたし、今日も難しい展開の中でゴールを奪い、流れを引き寄せました。ベンチに控えている時は、どんなことを意識して準備されているのですか?
「この前の試合も、今日の試合も、前半は流れがなかなかこっちに向かない状況でしたが、リーグ戦も終盤になって、相手も研究してきている中で、こういう難しいゲームになるのは分かっているので、サブのメンバーがしっかりと流れを変えるというところで、練習から取り組んでいることでもあります。この前の試合も、今日の試合も、やることは変わらないですし、僕らが出て、得点、アシスト、あるいは決定機を作るだとか、そういうチャンスメイクすることをイメージしてやっていて、そこが試合でできているので、そこは継続してやれればいいなと思っています」

Q:チームとしても、木戸選手個人としても、いろんなことがあったシーズンだと思います。いよいよ残り7試合になりましたが、木戸選手自身は、どんなことを意識しながらプレーしたいとお考えですか?
「スタメンで出ても、途中から出ても、しっかりと結果というところでチームに貢献するということを変らずにやるということです。まだ昇格圏にいますし、今日みたいに負けない、そして勝てる試合はしっかりと勝つということをやれれば、絶対に昇格できると思っています。メンバーはそろっていると思うので、一戦、一戦、全力で、全員で戦い、チームを信じてやるだけです」

Q:今年はチーム状況や試合展開によっては、SBのような形で試合に出ることもありますが、改めて、ご自身のゴールへのこだわりはどのように感じていますか?
「ウイングバックで出場したり、サイドで出場したりする中で、本職はFWなので、ゴールへの欲というのはシーズンを通して忘れたことはありません。でも、どこで出ても、まずはチームに貢献するということをイメージしてやっていて、そういう強い気持ちがゴールにつながったと思いますし、日頃の積み重ねのご褒美が、今日のようなところにこぼれてくると思うので、継続して練習から全力でやって、チームを活性化することができれば、ゴールという結果も付いてくると思っています。引く続き、そういう姿勢でやっていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック