【サッカー人気3位】ストライカーポジションは現状でオナイウ…

「football fukuoka」中倉一志

【レポート J2第35節 福岡-山形】難しい試合も木戸皓貴のゴールで1-1のドロー。昇格に向けて貴重な勝点1を積み重ねる

2020明治安田生命J2リーグ 第35節
日時:2020年11月21日(土)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,590人
結果:アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形
得点:[山形]ヴィニシウス アラウージョ(12分)、[福岡]木戸皓貴(67分)

アビスパ福岡は21日、ホーム・ベストで電器スタジアムでモンテディオ山形と対戦。立ち上がりから「らしくない」プレーが続くアビスパは、12分に村上昌謙のミスから失点。その後も閉塞感がつのる戦いが続く。それでもハーフタイムを挟んで自分たちを取り戻して67分に途中出場の木戸皓貴のゴールで同点に追いつくと、一気呵成に山形ゴールに迫ったが、逆転ゴールを奪うことができないまま試合終了のホイッスルを聞いた。アビスパは次節(11/25)、アウェイ・味の素フィールド西が丘で東京Vと対戦する。

(残り 1791文字/全文: 2153文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック