【サッカー人気3位】【山雅探報】2021新春スペシャル:元…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第36節 東京V-福岡】「残り6試合で順位が決まるということでは勝ちたかった」/長谷部茂利

2020明治安田生命J2リーグ 第36節
日時:2020年11月25日(水)18:03キックオフ
会場:味の素フィールド西が丘/1,805人
結果:東京ヴェルディ 1-1 アビスパ福岡
得点:[東京V]山下諒(66分)、[福岡]オウンゴール(67分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「前回対戦よりも、自分たちの攻守に渡って形はいくつか出せたので、勝ちたいゲームでした。そういう意味では、引き分けに終わって勝点3を取れなかったことは残念なことですけれども、失点の仕方、すぐに得点ができたということで言うと、引き分けでもというような気持ちにもなります。ただ残り6試合で順位が決まるということでは勝ちたかったゲームです」

Q:失点直後のオウンゴールは運が向いているかなと思いましたが、2点目が取れなかったというところに焦点を当てると、どこが画題だったと思いますか?
「最後のセットプレーも含めて、クリーンヒットできたり、狙いのところも含めて、相手がどういうふうに守ろうとしている、つまりは相手を見てプレーを変えていく、判断を変えていくということも含めて、高さ、速さ、強さ、その辺がもう一つ上回れればというところ、そしてシュートに行く前の形ですね。そこでもう少しいい形が作れたり、あるいは、守備から攻撃へのショートカウンターのところで、今日はあまりいい形が作れなかったので、そこのところを高めていければなと、今日、感じました」

Q:こちらの印象では、終盤になるにつれてゲームが落ち着かなくなったなというものがありますが、そこに関しては、どのように考えていらっしゃいますか?
「オープンな展開が嫌というわけではありませんが、できることなら、自分たちでボールを動かして、相手陣地で戦いたいということを目指しているんですけれども、当然、相手もあるスポーツなので、自分たちが早い攻撃をすれば、その逆もあるという展開になりがちですね。また1-1の引き分けの終盤なので、そういうゲームになることは覚悟していました。想定内です」

Q:とはいえ、勝点1を取ったことで2位を確保しました。この勝点1の意味をどのように捉えていらっしゃいますでしょうか?
「最終的に勝点が効いてくるかどうかというところでフォーカスされると思いますが、おそらく、この勝点1がいい勝点1になると思います」

Q:2試合続けてはっきりしない戦いが続いた後の試合で、自分たちの戦い方を取り戻したと思います。なおかつ、今日はリズムが行ったり、来たりで難しい試合だったと思いますが、失点直後のシーンも含めて、押し込まれた後に、自分たちを見直して押し返すことができたというところでは、残念な引き分けでしたけれども、残り6戦に向けて、改めてやれるというところを見せたのではないかと思います。
「そうですね。押し返すという意味では、守備のところで上手く押し返せたこと、点数のところでは入れられた後に入れ替えした、そういう意味では盛り返せたと思います。最後、オープンな展開の中でしたけれども、自分たちの良さも何回か出せていたので、そこで、決めきれたらなというのは、いつもの流れというか、1点差で勝つというところでは、最後のところが必要だったかなと思います」

Q:ひりひりする終盤になってきて、アビスパに食い下がるというか、狙いを持って挑んでくるチームが増えてくると思います。その際にポイントになるのは攻撃だと思いますが、山岸選手が加わって攻撃のバリエーションも増え、ここの組み合わせが今後さらに勝敗を分ける妙になって来ると思います。その辺はいかがですか?
「当然、スタートだったり、途中出場だったり、采配のところも大事になって来ると思いますけれども、チームに入って順応できる選手を取りました。彼はそれをできています。またここから点数をとって、またはアシストをして、チームの勝利に貢献できると思います。我々にとってレギュラーは決まっていません。その日の18人がベストメンバーです。そういう意味で、選手たちはいい準備をして試合に向かってくれているので、また同じように、一番可能性の高い、一番コンディションのいい選手たちで、試合に臨んでいきたいと思います」

Q:そういう意味では、ボランチにも松本選手が加わって前へバスを出せることで、バリエーションが増えてきたという手応えは感じていらっしゃるのでしょうか?
「そうですね。それはFWも、ボランチもそうですし、SH、他のポジションもそうです。いろんな組み合わせがあって、選手には長所を出してくれ、提供してくれという話をしているので、今日も長所をたくさん出してくれていただけに、勝利につながる何かスパイスを私の方で出せなかったというのは残念です。ただ、あと6試合チャンスがあるので、そこで結果を出したいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック