【サッカー人気3位】大津祐樹のジュビロ磐田への移籍は、ひと…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第37節 福岡-大宮】「決定機を決めないと勝てないとすごく感じた」/山田将之/西村慧祐

2020明治安田生命J2リーグ 第37節
日時:2020年11月29日(日)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/5,178人
結果:アビスパ福岡 1-0 大宮アルディージャ
得点:[福岡]フアンマ デルガド(58分)

◎山田将之選手(大宮);
Q:内容からするとすごく悔しい敗戦になりました。また山田選手は、去年、在籍したチームが相手という気持ちもあったと思います。どのように試合を振り返っていますか?
「このスタジアムでできるということで、ピッチに入った時に、すごくいろいろな感情がありましたけれども、今は大宮の選手として、上位を走っているチーム相手に何としても勝って帰りたいという気持ちがあったので、負けてしまったのはすごく残念だったというのがあります」

Q:後半の最初に山田選手に非常に惜しい場面がありました。あの場面を振り返っていかがですか?
「あそこまで行けたというのは、個人的にはプラスなことではありますけれども、やはり、ああいう決定機を決めないと、こういう上位のチームには勝てないのかなというのはすごく感じました。あそこまで行けたのはいいことですれども、次は決められるように、しっかり整理していきたいなと思います」

Q:試合を重ねるごとに、特に攻撃面がすごく良くなってきていて、クロスを上げるだけではないというところも増えてきているのかなと感じました。
「自分では良く分からないですけれども、見ている方からそう思ってもらえるのであればいいのかなと思います。自分の中では、一つひとつ整理して、できることをやっているだけなので、今回の試合で言えば、シュートまでは打てたけれども、そのあとが伴っていないというのが反省材料ですね。次は点を決めるというように、一つひとつの積み重ねだと思うので、それが1試合、1試合、成長していっている要因なのかなと思います」

Q:短い期間ですぐにホームゲームがあります。ホームゲームに向けて意気込みをお願いします。
「今日もたくさんのサポーターの方が駆けつけてくれました。その中で勝つことはできなかったのですが、残りのホームゲームも少ないですし、何としても勝って、みなさんと勝利を喜び合えたらいいなと思います」

◎西村慧祐選手(大宮);
Q:試合内容から見ても非常に悔しい敗戦でした。どのように振り返っていますか?
「前半も自分たちが持つ時間も作れていましたが、決定力の差、最後のところの守備の甘さが出て、それが結果につながってしまったのかなと思います」

Q:あの失点の場面までは福岡に上手く対応できていたと思います。その辺の手応えはいかがですか?
「福岡はターゲットがいたので、そこを後ろが抑えるのと、セカンドボールの回収が鍵になると思っていたので、チームとして意識を共通して持つことができたと思います」

Q:あの失点の場面だけが本当に悔やまれると思いますが、いま振り返ってみて、何かできることがあったとすれば、どういうことでしょうか?
「クロスからやられているので、上げさせないというところだったり、中でもっとタイトに付いていたりすればよかったのかなと思います」

Q:すぐホームに帰って試合があります。次節の愛媛戦に向けて一言お願いします。
「昇格はなくなってしまいましたけれども、僕たちが勝つ姿を見せられるように、帰っていい準備をしたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック