【サッカー人気2位】大連戦のスタート ローテーション起用の…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第38節 岡山-福岡】「勝利を届けたかったが一歩及ばず。とても悔しい」/濱田水輝/上門知樹

2020明治安田生命J2リーグ 第38節
日時:2020年12月2日(水)19:33キックオフ
会場:Pikaraスタジアム/1,181人
結果:ファジアーノ岡山 1-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]重廣卓也(53分)、[岡山]イ ヨンジェ(58分)

◎濱田水輝選手(岡山);
Q:悔しいゲームだったと思います。振り返っていかがでしょうか?
「ホーム最終戦ということで、何としても勝利をサポーターのみなさんに届けたかったんですけれども、最後、一歩及ばず、とても悔しいです」

Q:今日はチャンスも多かったと思いますが、良かった点はどのようなところでしょうか?
「チームとして、相手のストロングであるロングボールを蹴って、そのこぼれ球を拾って攻撃するというところに、チームとして上手く対応できましたし、そのあと攻撃につなげるというところでも、カウンターでチャンスも作れていたので、相手の背後を取りに行く攻撃と、中を使う攻撃を、ミスを好きなく上手く使い分けていたかなと。そこが良かった点だと思います」

Q:少し勝利からは遠ざかっていますが、前節の北九州戦も含めて、手応えがある中で残りの試合に向かっていくと思います。その辺りはいかがでしょうか?
「上位のチームに対しても自分たちは互角以上に戦えるということは、一つの自信にはなっています。けれども、そこで勝ち切るという力を付けないと、その先の昇格というところには近づいていけません。足りないところを挙げたらきりがないですけれども、残り4試合、勝ちたい気持ちを前面に出して、苦しいところであと一本スプリントできるかとか、チームのために身体を張って守れるかとか、そういう気持ちの部分を、より強く持ってやれれば、結果がこぼれてくるのではないか、そう信じてやっていきたいです」

◎上門知樹選手(岡山);
Q:最後、チームとしてゴールが取り切りたい試合だったと思います。いかがでしょうか?
「先制されてしまって難しいゲームになってしまったんですけれども、そこから1点取って追い上げて、流れは五分五分でしたけれども僕たちにもチャンスはありましたし、そこで決められないのが僕たちの実力ですし、そこでやっぱり決めきって勝点3をもぎ取るようなゲームができないといけないと思います」

Q:個人的には今日のゲームはいかがでしたか?
「空中戦のボールが多くなって、そこからセカンドボールを拾い合うという展開になって、なかなか自分の良さは出せずに終わってしまいましたし、シュートもあまり打っていませんし、僕個人としてはまだまだな内容でした。けれども、すぐに試合があるので、切り替えてやっていきたいと思います」

Q:残り4試合はすべてアウェイゲームになります。その辺りについてはいかがですか?
「あと4試合アウェイが続くということで、選手としては厳しい中での戦いが始まると思うんですけれども、そこで勝点3をどれだけ積み重ねられるかということで、僕たちの実力が試されると思いますし、去年よりも上に行くためにも、1試合、1試合を大切にして落とすことはできないので、もっともっとチームとして勝点3を取り切れるようなゲームをしていきたいと思います」

Q:もちろん、サポーターの方に勝利をという気持ちは強いですか?
「そうですね。できれば今日がホーム最終戦だったので、みなさんに勝利を届けたかったですけれども、それができなかったので、またアウェイでも応援してくださる方もいらっしゃると思いますし、DAZNで観戦してくださる方にもそうですし、現地に見に来てくださる方もそうですし、みなさんにできるだけ多くの勝利を届けたいと思います」

Q:北九州、福岡と、上位のチームと対戦して、個人的に感じたことはどういったことだったでしょうか?
「上位争いをしているチームとの対戦が続いた中で、僕たちが出せるものは出せました。監督も言っていましたけれど、やれる感触はすごくありました。ただ、ドローではなくて勝点3を取り切れる内容の試合もあったので、そこはまだまだかなと思いますけれども、上位陣に対してやれるところはあったのかなと思います」

Q:次節の琉球戦に向けて、一言意気込みをお願いします。
「前回対戦ではやられていますし、僕としては悔しい想いがすごくありましたから、ホームで勝てなかった分、琉球のホームで絶対に勝って帰ってきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ