【サッカー人気4位】【J2第8節:長崎vs町田】レビュー:…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第38節 岡山-福岡】「やはり勝点3を取らなければいけない試合だった」/田邉 草民/重廣卓也

2020明治安田生命J2リーグ 第38節
日時:2020年12月2日(水)19:33キックオフ
会場:Pikaraスタジアム/1,181人
結果:ファジアーノ岡山 1-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]重廣卓也(53分)、[岡山]イ ヨンジェ(58分)

◎田邉草民選手(福岡);
Q:久しぶりの先発になりました。今日の試合をどのように振り返っていらっしゃいますか?
「個人としては久しぶりだったので、チームの勢いを殺さないように、昇格争いをしているので絶対に勝とうという気持ちで入りました」

Q:そういう意味では、先制点の場面は田邉選手も絡んでのゴールでした。あの一連のシーンを振り返っていただけますか?
「山岸選手とは前半からも結構いい距離感でサッカーができていたので、その距離を意識していたら、いいパス回しができて、そこに重廣選手も関わって、いい崩しができたと思います」

Q:終盤に来て、勝点をどんどん積み重ねていきたいところですが、今日の勝点1をどのように捉えていらっしゃいますか?
「大事な勝点1だとは思うんですけれども、僕たちは上を目指しているので、やっぱり勝点3を取らなければいけない試合でした。次も勝点1ではなくて勝点3を狙っていかないといけないと、試合のあとにみんなで確認しました」

Q:試合に出るのは久しぶりになりましたが、過密日程の中で、選手のみなさんは全員で戦っていると思います。その辺りについて、どのようなことを考えながらプレーされていたのでしょうか?
「試合に出られないのは個人的にすごく悔しいし、悲しい気持ちはあったんですけれども、本当にチーム全員が、一人ひとりが全員で戦っているという意識があるので、誰が出てもしっかりプレーしないといけないと個人、個人が思っていますし、その準備はベンチメンバーも、ベンチに入らなかったメンバーも、みんなできていると思います。それがチームとしての力だと思います。残りはあと4試合ですけれども、僕もそういう気持ちで頑張りたいと思います」

◎重廣卓也選手(福岡);
Q:何人もの選手が絡んで、パスを回して、素晴らしいゴールでした。まずは得点シーンを振り返っていただけますか?
「(山岸)祐也君に縦パスを入れた時に、(田邊)草民君とも上手く段差ができていて、草民君が引いてくれたおかげでスペースができたので、出した瞬間にそこにランニングしようと思って走っていきました。最後はファンマの丁寧な落としで、あとは流し込むだけでした。相手の股にも入ってラッキーだったなという感じもありましたが、点が取れたことは素直に嬉しいと思っています」

Q:今年は怪我もあって試合から離れる時期もあり、そういう意味でも嬉しいゴールだったのではないかと思います。ゴールに対しては、どのような気持ちを持っていらっしゃいますか?
「やっと入ったなと。そんな豪快なシュートではなかったですし、ちょっとボールスピードが緩すぎたかなとも思ったんですけれども、上手く抜けてゴールに入ってくれたので、入った時はすごくほっとしたというか。怪我ばかりしていて個人として結果を出せていなかったですし、もう復帰してから何試合か経っていますし、そういった部分で得点に絡みたかったので、すごくほっとしています」

Q:ただ、その直後に同点に追いつかれてしまいました。相手のシュートそのものはアンラッキーだったなという感じもしますが、失点に至るまでというところで見ると、どんなところに問題があったとお考えでしょうか?
「誰かがというわけではないですし、全体として気が抜けていたというわけでもないんですけれども、上手くセカンドボールを拾えず、コミュニケーションが取れなかったというところがまずひとつ。そして簡単に持っていかれてCKを与えてしまったというところがもうひとつ。やはり得点後の5分間とかは切り替えて集中しないといけませんが、全体が気が抜けていたような感じになっていたのかなと思います」

Q:後半はお互いに気持ちをぶつけ合う難しいゲームになりましたが、その中で、なかなかチャンスが作れなかった印象があります。どの辺りに問題があったのでしょうか?
「今日はデュエルがかなり激しくて、ああいうバチバチの試合で球際に勝ったりすると、選手は気持ちが上がるものなんですが、そういったところで、まずは自分自身を上手くコントロールすること、奪ったボールをしっかり前に付けること、そこから速攻するのか、遅攻するのか、どういう選択をするのか、そういったところの判断が、僕自身も含めて全体を通してできていませんでした。それがズルズルいって間延びするようなこともあって、セカンドを拾えなかったりとか、そういったことが後半は特に多かったですね。デュエルが激しい中で、誰かが冷静になってゲームをコントロールしなければいけないかなと感じています」

Q:それでも勝点1を積み上げることができました。この勝点1はどのよう捉えていらっしゃいますか?
「僕は納得していません。いまこういう順位ですし、負けなかったことはチームとしては良かったのかなとも思いますけれども、個人としてはすごく悔しい引き分けでした。結果的に、最後に引き分けて良かったなとなればいいんですけれども、一戦、一戦が大事になって来ているので、どんな形であっても勝ちたいというのが今日のゲームに対する想いでした」

Q:ゴールシーンのようなプレーが重廣選手の持ち味だと思います。残り4試合、攻撃面でどのような貢献をしたいと考えていらっしゃいますか?
「自分はパスを供給する側なので、まずはFW、SHにゴールを取らせるようなパスをどんどん出していくことをやりつつ、隙があれば今日のようにスペースにフリーランするというのが自分の持ち味でもあるので、それを使い分けられるようになれば、僕自身、もっともっと攻撃面で違うアクセントを与えられると思うし、さらに1点、2点と点が取れるようになってくると思うので、そういったところのクオリティ、パスの質、シュートの質、そういうものを僕自身も含めて、残り4試合でしっかり高めていきたいなと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ