【サッカー人気4位】【J2第8節:長崎vs町田】レビュー:…

「football fukuoka」中倉一志

【レポート J2第38節 岡山-福岡】先制直後の悔やまれる失点。自分たちの形を貫けずにわずかに見せた隙で勝点2を失う

2020明治安田生命J2リーグ 第38節
日時:2020年12月2日(水)19:33キックオフ
会場:Pikaraスタジアム/1,181人
結果:ファジアーノ岡山 1-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]重廣卓也(53分)、[岡山]イ ヨンジェ(58分)

アビスパ福岡は2日、アウェイ・Pikaraスタジアムでファジアーノ岡山と対戦。ともに相手の様子を窺いながら戦う試合は、大きな動きのないまま後半へ。そして53分、前への意識を強くしたアビスパが、左サイドでの見事なパスワークで先制すれば、その5分後には岡山がCKから同点ゴールをゲット。その後は激しくぶつかり合う攻防が繰り返されたが、ともにゴールは奪えず。1-1のまま試合を終えた。アビスパは次節(12/6)、ホーム・ベスト電器スタジアムでツエーゲン金沢と対戦する。

(残り 2085文字/全文: 2433文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ