0‐7の処方箋(J論)

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第41節 愛媛-福岡】「積み上げたことで勝点81を達成し昇格をなし得ることができた」/長谷部茂利

2020明治安田生命J2リーグ 第41節
日時:2020年12月16日(水)19:03キックオフ
会場:ニンジニアスタジアム/1,395人
結果:愛媛FC 0-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]山岸祐也(19分)、遠野大弥(45+1分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「拮抗したゲームの中で得点を取り、また前半の終了間際にいい得点が取れました。狙っていた形でもありますし、守備のところは0失点に抑えることができて、前節に続き、自分たちの、今シーズンやりたい試合、やりたいゲーム内容、また結果を収めることができました。それにより、この2試合だけではありませんが、積み上げたことで勝点81という目標を達成し、自分たちのもう一つの目標である昇格というところをなし得ることができました」

Q:おめでとうございます。41試合の積み重ねの結果だと思いますが、改めて昇格について、今のお気持ちを聞かせてください。
「まず喜びもひとしおなんですが、41試合消化しているという意味では、医療従事者をはじめ、そのご家族の方、そして、いろいろと大変な中で我々がサッカーをできるという、この境遇に感謝しています。また今は、ファン、サポーターの方がスタジアムに足を運んで、これだけの盛り上がりを作ってくれている、そこに感謝しています」

Q:様々な要因があっての昇格だと思います。何かひとつあげるのは難しいとは思いますが、この昇格の要因は、どのようなところにあったとお考えでしょうか?
「ひとつ挙げるとするならば、チームがひとつになれた、一体感を持って、目標に向かって、同じベクトルで、足並み揃えて、福岡がひとつになれた、そんなふうに思っています」

Q:ホームであと1試合残っています。長谷部監督のことですから、そこまでやってのシーズンだとおっしゃると思います。最終戦に向けて一言お願いします。
「おっしゃる通り、いい準備をして、リーグ戦の最後の1試合ですべてを発揮してもらえるように選手たちにいい準備をしてもらい、我々もいい準備をして、チーム一丸の姿を見せたいと思います」

Q:今年はコロナ禍と言われるシーズンでした。過密日程も含めて、改めて、その部分について感じることをお聞かせください。
「冒頭に述べた感謝の気持ちと、我々はこのタイトなスケジュールの中で、いかにチーム力を発揮するか、選手に力を発揮してもらうかというところで、いいトレーニングをして、ほとんどのゲームで自分たちの力を発揮できたと思っています。序盤戦は、少し力が足りず勝点を取ることができない試合もたくさんありましたが、最後は自分たちのスタイルを前面に出して戦えるようになってきた、そういうことが昇格につながったのかなと思っています」

Q:序盤戦、少し苦戦をされたというお話をされましたが、ターニングポイントを挙げるとしたら、どの試合だったとお考えですか?
「一昨日、同じ質問をされたんですけれども、アウェイの千葉戦で終了間際に引き分けた、フアンマのヘディングのゴールですよね。2-2に追いついた、そのゴールが自分たちが連勝するきっかけになり、その連勝が今の自分たちの位置につながったというように思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ