【サッカー人気4位】リカルド監督が3連勝で攻撃面でも改善の…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第42節 福岡-徳島】「1点は取れたが、なかなかそれを重ねることができなかった」/長谷部茂利

2020明治安田生命J2リーグ 第42節
日時:2020年12月20日(日)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/8,864人
結果:アビスパ福岡 1-0 徳島ヴォルティス
得点:[福岡]石津大介(16分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「7点差で勝たないと優勝がないという非常に難しいゲームに対して、入りから自分たちの持っている力をすべて出し切って、出しまくって、どうにかというところでしたが、1点は取りましたけれども、なかなか重ねることができませんでした。守備的というか、相手がよくボールをつなぐので、そういうふうに見えたかもしれませんが、攻撃のところでいいものがたくさんあった、また、フィニィッシュに向かうところで、もう少しパスの精度だったり、シュートだったり、フィニィッシュの精度が高まれば、2点、3点は取れたのかなと思います。もちろんピンチもありましたが、我々らしい戦いができたと思います。ミーティングを通して選手たちと共有していた7-0を目指す中で、それが厳しい状況になった時には勝ちを目指すという、そういった指示も含めて話していたので、最後はそういう収め方をして、勝つことでシーズンを終えることができました」

Q:42試合すべてを消化して、いろんなことがあった今シーズンを締めくくることができました。堂々の2位だったと思いますが、改めて、どのような1年間だったか振り返っていただけますか?
「まず、新型コロナウイルスの影響を大きく受けて、非常に難しいシーズンだったと思います。それは私ではなくて、選手たちのフィジカルコンディション、スタジアム、そしてスタジアムだけではなく、様々な部分で試合を行うことそのものが非常に難しかった思いますが、、過密日程ではありましたけれども、42試合をすべてやることができたというのは、非常に感謝すべき人がたくさんいて、どこまで感謝していいのか分からないぐらいの気持ちです。また、その難しい中で、自分たちがどうしたら勝点を積んでいけるか、試合は次から次へとくる中でどうしたらいいのか、という意味で1年間を振り返ると、負けた試合も当然ありましたし、上手くいかない試合もたくさんありましたけれども、自分たちは結果も含めて、いいシーズン、いい試合運び、いいコンディションでやれたというところで言えば、非常に上手くいったと思います。それはコンディショニングコーチ、メディカルスタッフ、もちろんコーチも含めて、どうにか選手たちが活躍できるようにしようということで取り組んでくれたおかげで、それも非常によくできたシーズンでした。他のクラブのことは正確には分かりませんが、怪我人が多く出たり、同じメンバーでずっと戦わざるを得なかったりという状況があったことを考えると、我々は次から次へと選手が出てきて、若い選手からベテランの選手まで全員が活躍してくれました。私にとって今シーズンで一番良かったことは、選手全員を試合に出したことです。他のチームであったかどうかは分かりませんが、それがこの1年間で一番上手くいった、一番、私ができたことだと自負しております」

Q:来年は新しいステージでの戦いが始まります。非常に上手くいった1年ということでしたが、さらにレベルアップする必要があります。そういう意味では、来年に向けて、どのようなところを改善していきたいとお考えでしょうか?
「アビスパ福岡としては、アビスパスタイルをもっともっと精度高く、強度強くしていくことが大事だと思います。これまでの良かったプレーではなくて、今年良かったプレー、すごく良いプレー、それが頻繁に出るように、切り替えのスピードの速さも含めて、攻守にわたって維持し、さらに高めること、そうすることが、自分たちが目指しているアビスパスタイルをもっともっと高めていく、確立していくということとイコールだと思うので、そこに尽きるかなと思います」

Q:攻撃の部分は課題として来期に残るところなのかなと思いますが、今日は攻撃の部分でいいコンビネーションが見られました。これを高めていくためには、どのようなことが必要だとお考えですか?
「正確性、そしてスピードを落とさずに、少し速くすることが大事だと思います。止める、蹴る、運ぶということで言うと、蹴るところが大事だと思います。ゴール前で、ペナルティエリアを挟んだ辺りで、狙ったところにボールが飛んでいく、蹴れるということが大事だと思います。そこに動きだったり、速さだったりが必要になってきますし、ときに相手の逆を取るような、球技特有のそういうところを高めないと簡単にはゴールが取れません。はっきり言えば、これはどのチームも悩んでいるし、どの選手も悩んでいるところです。一チームだけ、川崎フロンターレというチームは、あまりそこのところに悩みはないんじゃないかと思いますが、その他のチームは、J1であろうと、J2であろうと、J3であろうと、他の国であろうと、相当悩んでいると思いますし、個でゴールが取れるのであればお願いしますというくらい、本当に難しいところです。高めるのは本当に簡単ではないですけれども、時間が許す限り、少しずつ高めていって、それを選手たちが発揮してくれたらいいなと思っています」

Q:今年は主力のレンタル組がかなり活躍しました。来季の補強について、監督自身はどのあたりが必要だと思われていますか?
「たくさん必要です」

Q:今年チームを引っ張った選手は、レンタル組も含めて、基本、残留してもらいたいというような願いはありますか?
「もちろんあります、もちろんあります。ただ、レンタルというシステムについては分かっていると思いますが、レンタル元があってのレンタルなので、私は常に残留してもらいたい、一緒にやりたいという想いはありますが、そこに関しては細かいことは私が決めることではありません」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ