【サッカー人気2位】大連戦のスタート ローテーション起用の…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【フォトレポート】それぞれの選手の特徴とチームの方向性が見えたTRM。戦術理解度を高めるのはこれから

練習生を交えて行った2本目、並びに3本目の終盤は、チームとしての統一感に欠いたが、それ以外の時間帯では、チームのベースである前からのプレスと、1対1の局面での強さを感じさせるプレーぶり。初めてのTRMということもあり、連携面や細かいプレーにはズレが見られたが、チームの方向性は見えた。

相変わらずの強さを見せるフアンマ。今年も攻撃の起点として前線で存在感を見せる。

仕掛ける北島祐二。石津大介、田邉草民を上回われるか。桑原同様に待ったなしの3年目が始まる。

山ノ井拓巳が胸に抱くのは定位置確保。積み上げてきた力を発揮するのは今だ。

前寛之にとってJ1は2度目のチャレンジ。自らの力を示す舞台が待っている。

人を使って、人に使われる山岸祐也。ブルーノ メンデスとの2トップは可能性を感じさせた。

3本目のキャプテンマークはカルロス グティエレス。長谷部監督の期待が窺える。

「信用できる男」湯澤聖人。今日も運動量豊富に右サイドを駆け上がる。

コツコツと積み上げた力が実を結んだ2020年。今シーズンは守護神の座を狙う。

この試合唯一のゴールの起点になった志知孝明。独特なたたずまいから縦に仕掛ける。

足下の技術の高さはピカイチ。杉本太郎はゴール前で違いを見せる。

ペナルティエリア内だけではなく、守備、ポストプレー等々、多彩なプレーを披露したブルーノ メンデス。

[中倉一志=写真・文]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ