0‐7の処方箋(J論)

「football fukuoka」中倉一志

【中倉’s Voice】重廣卓也がJ1昇格の嬉しさの中で感じた悔しさ。不完全燃焼の物足りなさはJ1の舞台で輝くことで晴らす

昨シーズンの第41節愛媛戦、J1昇格の決定に喜びを爆発させる仲間の姿を、重廣卓也は端から見ていた。
「昇格したのは自分にとっては初めての経験だったし、自分にとっては悔いが残るような1年だったので、一歩引いたというか、そんな感じで見ていた」

(残り 1049文字/全文: 1167文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ