【サッカー人気1位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

「football fukuoka」中倉一志

【中倉’s Voice】山ノ井拓己の5年目の春。コツコツと積み上げてきた4年間に嘘はない。J1の舞台で輝く準備はできている

今年の山ノ井拓己は様子が違う。そんなことを感じたのは宮崎キャンプで話を聞いたときだった。自分の想いをそのまま相手にぶつけるような話し方は、失礼を承知で言えば、いきがっているようにも感じられることもあったが、今年はそれがまったくない。そんな印象を本人に伝えると、当然だと言わんばかりに答えが返って来た。

(残り 1003文字/全文: 1153文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ