【サッカー人気5位】【アビスパ’s Voice】「両手離し…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第1節 福岡-名古屋】「悲観せずに、自信を持って謙虚にやっていきたい」/前寛之/金森健志

2021明治安田生命J1リーグ 第1節
日時:2021年2月28日(日)13:05キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,991人
結果:アビスパ福岡 1-2 名古グランパス
得点:[名古屋]マテウス(4分、55分)、[福岡]オウンゴール(82分)

◎前寛之選手(福岡);
Q:初戦は1-2の敗戦という結果になりました。まず、この試合を振り返っていただけますか?
「立ち上がりにどちらが主導権を握るかというところで、入りからうちも行きたかったんですけれども、立ち上がりの失点から少し押し込まれる展開が続いて、ゲームプランとしては、良くない入りだったかなという印象です」

Q:上から見る限りでは、J1のプレースピードに戸惑っていたのかなという印象も受けました。
「プレースピードで少し合っていないような選手もいましたし、チーム全体として、立ち上がりはあまり良くなかったのかなと思います」

Q:オウンゴールではありましたが、1点を返してから少し自分たちの流れに持っていけそうな空気も作ることができました。あの辺りはどのように見ていらっしゃいますか?
「0-2の後に1点が入ってからは、少し相手が引いてくれたのでボールを持てたというのがあるんですけれども、ボールを持たしてくれはしたものの中が堅くてというところで、どういう攻撃が必要だったのかというところは、みなで話して次に活かしたいと思います」

Q:3月はどんどん試合が続いていくので、それほど多くのことはできないと思いますが、それでも少しずつ積み上げてということだと思います。次の試合までには、どのあたりを改善したいと考えていますか?
「試合を重ねていく上で、合っていないところは合わせていくという作業はやっていくので良くなっていくと思いますし、守備でも攻撃でも、改善しなければいけないところを、時間のない中でも改善して、いいものにしていきたいと思います」

Q:前からなかなか守備にいけなかった印象があります。これは相手の上手さがあってのことなのか、あるいは自分たちで引いてしまったのか、意思疎通が取れなかったのか、その辺りはいかがでしょうか?
「ボランチから見ている限りでは、前から行きたかったというのがありながら、立ち上がりの失点でディフェンスラインがナイーブになってしまって、少しラインが下がってしまって、FWは前から行きたい、ディフェンス、中盤は、もう少しディレイしたいということで、合わないシーンが多くあったのは確かだと思います」

Q:その辺りは、試合を重ねて改善していきたいという部分になるのでしょうか?
「そうですね。基本的には前から行きたいので、前から行く時とディレイする時というのを話し合いながら、試合で合わせていきたいと思います」

Q:前半は完全に劣勢だったと思いますが、そこから盛り返せたのはどういう理由だったと前選手は考えていますか?
「点を取りにいかなくてはいけないという気持ち的なものが一つと、名古屋が少しディフェンスラインを引いてディレイする守備をして自分たちがボールを持つ時間が少し増えたので、攻撃に移る回数というのは前半よりは増えたのが理由かなと思います」

Q:長谷部監督が、試合後にスピードと技術の差を感じたとおっしゃっていましたが、それはピッチ内でも感じていたのか、それは今後改善すべき点だと認識していますでしょうか?
「そうですね。ミスの回数というところでは本当に差があったと思いますが、やれないことはないと思うので、悲観せずに、自信を持って、謙虚にやっていきたいと思います」

◎金森健志選手(福岡);
Q:0-2のビハインドからの出場になりましたが、どんな意識で、あるいは監督からはどのような支持を受けてピッチに入られたのでしょうか?
「0-2で負けていたので点を取りに行くぞということでした。細かい戦術の話はできませんが、そのような気持ちで入りました」

Q:得点はオウンゴールでしたが、あそこにつっかけていったことでゴールが生まれたと思います。
「それが僕の仕事ですし、チームの流れを代えたかったという想いでピッチに出たので、そこから同点に追いつけるかどうかが、J1の厳しさであったりすると思うので、1点を返しましたけれども、同点に追いつけるチャンスもありましたし、勝てなかったことが悔しいです」

Q:前半はベンチから試合を見る形でしたが、今日の試合に限ってJ1殿違いというところで言うと、どんなところだと感じましたか?少しスピードに戸惑っている印象もありました。
「強度と質というのは相手の方が上回っていたかもしれませんが、徐々に自分たちも相手のリズムに慣れて戦えるようになって来たので、そこで仕留める力を着けることと、前半の立ち上がりの失点がもったいなかったなという印象があります。そういった細かい差がJ1の厳しさだと思うので、自分も経験してきたし、そのように感じました」

Q:久しぶりにアビスパの選手としてプレーしましたが、その点については、率直に言って、どのように感じていらっしゃいますか?
「このスタジアムの雰囲気とか、福岡は自分が生まれて育った街ですし、後押ししてくれるファン、サポーターのみなさんの力というのは本当にすごいなと感じました。それを力に変えて逆転したかったんですけれども、申し訳ない気持ちでいっぱいです」

Q:得点につながったシーンはボールを受けた瞬間にシュートを狙いに行ったように見えました。
「メンデスが上手く縦パスをくれたので、そこで胸トラップをして自分の中では絶対にシュートのイメージがありました。そのタイミングで吉田豊選手が、多分打たれると思って足を出したところでいいところへ飛んで行ったというか、それがゴールにつながったのではないかと思います」

Q:チームは黒星スタートになりましたが、ご自身にとっての第一歩になったと思います。コンディションも含めて、これからどのようなプレーを見せたいとお考えですか?
「僕は、5年周期を絶対に終わらせるという強い覚悟を持ってこのチームに来ました。それは簡単なことではないとは思っていますが、ピッチの上でしか表現できないことだと思っています。去年、J2で戦ってJ1に上げてくれた選手たちがいて、今日、監督も言っていましたが、その中にはチームに残りたくても残れなかった選手もいて、そういう状況の中で、僕が途中からアビスパに来たわけで、その選手たちには、チームをJ1に残すことでしか恩返しはできないと思っています。ですから、去年戦ってくれた選手の分まで一生けん命戦いたいと思いますし、ファン、サポーターのみなさんも一体となって5年周期を終わらせたいと思っていると思うので、それに貢献したいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ