【サッカー人気3位】秩序と混沌のどちらを求めるか ピッチに…

「football fukuoka」中倉一志

【アビスパ’s Voice】「自分がやりたいと言っていた場所に立ってやれている楽しさというか嬉しさを感じた」/山岸祐也

内容:練習後の共同囲み取材
日時:2021年3月1日(月)
場所:ZOOMによるリモート取材

◎山岸祐也選手;
Q:待ちに待ったJ1開幕戦でした。ピッチに入る前の気持ちと、実際にピッチに入って感じたことを教えてください。
「入る前の気持ちはすごく楽しみというか、早く試合がしたいとずっと思っていました。試合には65分くらい出て、自分の持ち味というか、いいシーンはほとんど出せなかったので、楽しかったという表現はおかしいかもしれませんが、

(残り 3627文字/全文: 3840文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ