【サッカー人気3位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第4節 徳島-福岡】「逆転できると信じて戦った結果、勝利に結びついた」/金森健志/重廣卓也

2021明治安田生命J1リーグ 第4節
日時:2021年3月13日(土)14:01キックオフ
会場: 鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム/4,203人
結果:徳島ヴォルティス 1-2 アビスパ福岡
得点:[徳島]垣田裕暉(2分)、[福岡]エミル サロモンソン(53分)、金森健志(68分)

◎金森健志選手(福岡);
Q:初勝利おめでとうございます。相手に先行される中、プレスが上手くはまって得点につながりました。今日のゲームを振り返っていただけますか?
「お互いに勝点3が欲しい中で本当に負けられない戦いでした。その中で前半の悪い時間帯に失点してしまって、流れは悪かったんですけれども、後半に必ず逆転できると信じて戦った結果、勝利に結びついて良かったです」

Q:逆転につながった2点目のPKを決めた後に、サポーターの下に駆け寄ってエンブレムを叩く姿が印象的でした。その時の想いを教えてください。
「僕は福岡で生まれて、福岡で育って、このクラブでプロ生活をスタートさせました。ですから、何とかチームの勝利に貢献したくて、そしてファン、サポーターのみなさんに早く勝利を届けたいという気持ちでずっと戦っていたので、やっとゴールを決めて勝利に貢献することができて嬉しかったです。そういう想いを込めてエンブレムを叩きました」

Q:アビスパにとって、今日はJ1復帰後初勝利になりました。今後、まだまだ戦いは続きますが、どんな戦いを見せていきたいですか?
「1試合、1試合厳しい戦いが続くと思うんですけれども、降格争いをするつもりはまったくないですし、必ず10位以内に行きたいと思っていますし、そういうメンバーがそろっています。まずは今日を第一歩として、これに満足せずに、個人的にももっともっと成長して、向上心を持って、もっとサッカーが上手くなって、チームの勝利に貢献できるように、1試合、1試合、頑張りたいなと思っています」

Q:チームにとって5年ぷりの勝利になりました。シーズンが開幕してから勝利が遠いJ1でしたが、4試合目での勝利というのは、これまでのJ1と比べると早い方だと思います。その点についてはいかがですか?
「ここで絶対に勝たなければいけなかったので、選手一人ひとりにそういう気持ちがありましたし、今日も遠くまで駆けつけてくれたファン、サポーターの想いとか、福岡で応援してくれている方の想いというものを本当にすごく感じて、それが本当に力になって勝てたと思っています」

Q:金森選手にとっても、福岡の選手として5年ぶりのJ1でのゴールですが、当時は苦しい戦いが続いたと思います。今回は苦しい立ち上がりではありましたが、勝利したということで前向きになれる部分もあるのでないでしょうか?
「今日の勝利は本当にみんなの自信になると思います。もっともっと上を目指してやっていけると思うので、この勝利に満足することなく、1試合、1試合、地に足を付けて全力で戦いたいと思っています」

Q:今日の前半は風下でしたが、風がこういうところに影響したというのはありますか?
「相手の勢いに飲まれた感はありました。試合前にエンドチェンジができるのであれば風上にしようと言っていましたが、そこは仕方のないことだったんですけれども、逆に後半はいい勢いで押し込めた、風の力も利用できたと思っています」

Q:後半は、かなりプレスが効いてきたと思います。守備面に関しての周囲の選手との連動制というものは高まっているという手応えはありますか?
「後半は戦術も変えて、監督がフォーメーションも変えて、それが上手くはまったなという感じがありました。自分たちもすごくやりやすかったし手応えもあったので、必ず逆転できると思っていました」

◎重廣卓也選手(福岡);
Q:今日は後半から出てチームのリズムを作りました。前目の位置でのプレーでしたが、どのような意図を持って入られたのでしょうか?
「まずは守備面のところで、徳島のキーマンであるボランチ2人に対して自由にさせないということと、負けているという状況もあったので、山岸君と(石津)大介さんと(金森)健志君が相手のディフェンスラインにどんどんアタックして、ボランチはできるだけ僕がケアして守備をするというような形で入って、それが上手く連動できて、距離感も良く、ショートカウンターが決まったかなと思います」

Q:難しい流れの中から、よく盛り返したなという感じがあります。今日の試合はどのように見ていらっしゃいますか?
「前半は、ああいう形で失点をしてしまって流れも悪かったの中で、ハーフタイムで、上手くみんなが気持ちと頭の中を整理できて、前半はなかったことにしようというか、残り45分でしっかり逆転できるように、まず1点を取って同点に追いつこうという雰囲気だったので、ハーフタイムの雰囲気は、僕自身は悪く感じていませんでした。上手く切り替えられて、前半を別れることができて後半をプレーできたというところが良かったのかなと思います」

Q:リーグ戦ですから積み重ねではありますが、悪くない内容でもなかなか結果が付いてこない状況の中で、今日の勝利は前へ一歩進んだ結果だったのではないでしょうか?
「ここからスタートというか、J1で1勝目を挙げられたので、ここからさらにアビスパのサッカースタイルというものを、もっともっと高めていきたいなと思います。チーム自体もそうですし、個人、個人、それぞれにいろんな想いがあると思いますし、さらに試合は続いていくので、僕自身も楽しみですし、すごくいい勝ちだったなと、勢いづく勝ちになったのではないかと思います」

Q:去年は逆転勝ちがありませんでしたが、今日、1点リードされている状況からひっくり返せたということに関しては、どのように受け止めていらっしゃいますか?
「失点したのもかなり早く、ベンチスタートの自分はまだロッカールームにいて見ていなかったという状況でしたが、前半にプレーしていた選手たちがどう感じていたかは分からないですけれども、僕自身はそんなに焦ることでもないし、いつでも点は取れるというふうに思っていました。去年に比べて複数得点も取れたりしているので、そこを信じて、チーム全体で1点ずつ取っていこうという感じでしたね。僕は後半から出て、まずは守備からいい流れを掴めばいいかなと思っていたので、やるべきことをやった結果、逆転できたというだけですね」

Q:シーズンに入る前に、いい意味で楽しみながら固くならずにやりたいとおっしゃっていました。ここまで楽しみながらプレーできていますか?
「開幕戦は、そこを忘れてしまったというか、相手の速さだったり、強さだったり、いろんなことに圧倒された感じで、楽しむ余裕もありませんでしたが、そこからしっかりと自分と向き合いながら、1試合、1試合こなしていくうちに、ワクワクできるようになりましたし、試合が来るのが楽しみですし、自分はまだまだ成長できるなというふうに感じているので、それが結果につながれば一番いいと思っています。もちろん、結果が大事ですけれども、まず自分ができることということをどんどん高めて、やるべきことの質をどんどん高めて、楽しみながらやっていきたいなと、今はそんなふうに思っています。次の試合もすごく楽しみです」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ