【サッカー人気3位】信頼回復のために必要なこと/広島 1-…

「football fukuoka」中倉一志

【中倉’s Voice】難しい試合で流れを引き寄せた重廣卓也のプレー。J1のプレッシャーと緊張感を楽しみながら上の自分を目指す

第4節徳島戦の後半。ピッチに登場した重廣卓也はやれるという想いを抱いていた。
「前半は、ああいう形で失点をしてしまって流れも悪かったの中で、ハーフタイムで、上手くみんなが気持ちと頭の中を整理できて、残り45分でしっかり逆転できるように、まず1点を取って同点に追いつこうという雰囲気だった。ハーフタイムの雰囲気は悪くはなかった」

(残り 1041文字/全文: 1203文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ