【サッカー人気3位】橋岡大樹が練習参加 ユンカーが紅白戦で…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第6節 鳥栖-福岡】「ゲームを見てもらった通り、すべてにおいて力のなかった90分」/金明輝

2021明治安田生命J1リーグ 第6節
日時:2021年3月21日(日)14:03キックオフ
会場: 駅前不動産スタジアム/9,631人
結果:サガン鳥栖 0-0 アビスパ福岡

◎金明輝監督(鳥栖);
Q:試合を振り返って
「ゲームを見てもらった通り、すべてにおいて力のなかった90分だと思います。それ以外ないですね」

Q:本田選手の立ち位置がポイントかなという印象がありました。彼に期待した役割と、後半は福岡がそこを消すような立ち位置に変えてきた影響について、どのように感じられましたか?
「アビスパの守備組織というか、それはある程度想定できたので、本田の立ち位置は何回かボールが入ったと思いますが、効果的だったと思います。後半も別にプレッシングにはまった状況はほとんどなかったので、相手のプレッシングに対して困ったという状況は、ほとんどなかったです。ただ、質が低かった、攻撃の質が低かったのが課題だったというだけだと僕は感じています」

Q:質が低かったとのことですが、具体的には、どのようなところが足りなかったという印象でしょうか?
「パスの質、ドリブルの質、シュートに行くまでの質、すべての質です。引かれた相手に対して、スペースがない中でも、前半のようにしっかりとシュートを打つ選択肢と、サイドの脇、もしくは大きく振る、そういうことができればよかったんですけれども、後半はなかなかできなかったという印象です。そういった意味での質です」

Q:一方で、勝点3を狙った試合ではありましたが、開幕から6試合連続無失点記録という点ではいかがでしょうか?
「どの試合でも勝点3を目指しています。なので悔しいです。6試合連続無失点については、まったく興味はないです。勝ちたいです」

Q:次のルヴァンカップ、リーグ戦に向けての意気込みをお願いします。
「必ず勝てるように頑張ります」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ