【サッカー人気2位】秋葉忠宏監督「コンパクトを維持して守備…

「football fukuoka」中倉一志

【中倉’s Voice】戦える素地はできている。直面する課題は守備の整理。どこまで修正できているかがG大阪戦の鍵を握る

十分に戦える。敗れたとは言え、そんなことが感じられた札幌戦だった。もちろん課題はある。身に付けなければいけないことも多い。けれども、事前に用意したゲームプランに沿った戦いを演じ、意図した形で自分たちの時間帯を作り出す戦い方は、過去3回の昇格時とは根本的に違っている。どんな相手に対しても臆することなく戦う姿勢と、勝利を具体的にイメージできているメンタルもまた、過去とは違うものだ。「我々がやるべきことをしっかりとやれればテーブルに乗ることができる」と長谷部監督も口にする。

(残り 969文字/全文: 1205文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ