0‐7の処方箋(J論)

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第8節 G大阪-福岡】「試合を重ねるごとに上がっていくと思ってやっていくしかない」/宮本恒靖

2021明治安田生命J1リーグ 第8節
日時:2021年4月7日(水)19:03キックオフ
会場: パナソニックスタジアム吹田/5,604人
結果:ガンバ大阪 0-0 アビスパ福岡

◎宮本恒靖監督(G大阪);
Q:今日はボール保持のところでは上手くいった部分もあると思いますが、ビッグチャンスというのは少なかったと思います。どの辺りに課題を感じられてますか?
「相手ペナルティエリア近くでの動き出しであったり、タイミングであったり、バスの質であったり、クロスの質であったり、シュートも含めてそういったところ。もちろん相手のしっかりとした守備というところもあったと思いますし、それを上回るものを今日は出せなかったというふうな印象を持ってます」

Q:メンバーを大きく入れ替えましたが、継続よりも変化を選んだというのは、たくさんの選手のコンディションを早く上げたいというところが大きかったですか?
「そうですね。試合が連戦であるわけで、5月、6月と、これからずっと連戦を戦っていくにあたって、チーム全体を上げていく必要があるというふうにも考えますし、もちろん今日の試合をしっかりと勝点3に持ってくるという意味での組み合わせでもありました。いろんなことを考慮して変化させました」

Q:回数はそう多くはありませんでしたが、チャンスがないわけではなかった中で、最後のところで足を振り切れないというシーンが見られました。そこはコンディションの問題だと見てらっしゃるのか、どういうふうに感じられてますか?
「コンデイションの問題はあると思います。もちろん選手によって、 差やばらつきがあると思いますけど、試合をこなして、例えばキャンプ中に出場時間を45分、60分、または70分、ないしは3試合目、4試合というふうに持っていくというような流れの中で、試合勘を掴んでいったり、90分を通しての戦い方であったり、試合の強度であったり、ある程度コンディションを仕上げてリーグ戦に入っていって、さらに試合で状態を上げていくという一連の流れがあると思いますが、それがいったんストップした中で、その流れに乗せていかないといけないという、この作業は誰もやったことがないですし、じゃあ何試合目に戻ってくるのかということは見えにくいところもありますけれども、前回の試合に比べても、今日の試合の方が、身体の動き、体力的な持久力というところも見られましたし、それを試合を重ねていくごとに上げていく、また上がっていくというふうに思ってやっていくしかないと思います」

Q:今日、プロになってからトップで初先発した黒川選手の出来というのは、どういうふうにご覧になってますか?
「圭介の良さである持ち出しであったり、攻守においてエネルギッシュにというところは垣間見られたと思います。本人にはいろんな改善すべき点を伝える中で、今日はいろいろなトライをしてくれたというふうに見ています」

Q:チュ セジョン選手もまだ100%ではないのでしょうが、その中でも散らしであったり、長短のパスを含めて、相当良かったというか、今後かなり期待が持てるなという印象があります。そのあたりの評価はいかがですか?
「それは試合前から通常に求めていたものですし、また彼自身の持ち味というところを存分に出してくれたと思います。サイドにボールがわたった後のスイッチの上げ方とか、個人の仕掛けとかいうのは、日本語のコミュニケーションというか、試合の流れの中で指示を聞いたり、走ったりというところも、かなりスムーズになってきていると思います。リーグ自体にも徐々に慣れてきていると思うので、これからもっともっと良くなっていくのではないかと思います」

Q:監督がおっしゃったように、フィジカル面で上がりきっていないというのはやむを得ないところだと思いますが、あれだけセジョンがしっかりと動かしている中で、やはり両サイドの仕掛けというか、迫力のところが欠けていたようにも思います。
「そうですね。そこの仕掛けの個人的なポジションと、そこから中央とのコンビネーションに入っていくのか、もしくは外を回るSBの選手、中盤の真ん中の選手の飛び出しとか、少しまだそこがスムーズではないなと思います。そこはこれからの試合の中で、早く良くしていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ