【サッカー人気2位】首位相手の悔しい逆転負け。勇戦の先に見…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第9節 C大阪-福岡】「強い絆というか、いいチームワーク、いい雰囲気が生まれている」/長谷部茂利

2021明治安田生命J1リーグ 第9節
日時:2021年4月10日(土)15:03キックオフ
会場: ヤンマースタジアム長居/4,607人
結果:セレッソ大阪 2-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]吉岡雅和(67分)、[C大阪]中島元彦(69分)、加藤陸次樹(76分)、[福岡]フアンマ(88分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「早々に1人退場してしまい厳しい状況が長く続きましたが、どうにかこらえて、また先制点を取ることができた中で最終的には2-2。逆転されてから追いついた形でしたが、先制点を取った後に、もっと効果的な、もっといいオーガナイズ、マネジメントできたら勝てたんじゃないかなというふうに思えるようなゲームになりました。退場してからはどこで失点してもおかしくないような雰囲気はあったと思います、アウェイですし。ただ守備のところはGK、CB中心に上手く守れていたと思います。2失点をどうこういうよりは、2得点を褒めてあげたいし、勝点1を取ったことで、チームにまた強い絆というか、いいチームワーク、いい雰囲気が生まれています。それは非常に良かったなとと思います」

Q:10人になってもラインを下げずに、前向きの守備を90分間やり通したことが、今日の勝点1につながったと思います。守備力がまた一段階上がったようにも思いますが、その点はいかがでしょうか?
「実際のところ2失点しているので、良くやったというふうに褒めるべきプレーだったとは思いますが、失点のところも防げたのではないかなというふうには思います」

Q:先制点もそうですし、劣勢になってから追いついたというところも、勝点を取るんだという選手たちの気持ちが表れての22点だったと思います。
「正直、少ないチャンスで2点を取ったという、非常に確率がいいというか、良かったと思います。シュートそのものも、その前の作りのところも良かったと思います。またこういうことは継続していきたいなと思います」

Q:ガンバ戦、セレッソ戦と勝点1ずつを取ったというところで、次はまた強豪の川崎との対戦が残っていますが、いい雰囲気で迎えられるのではないでしょうか?
「過去の話ですが、昨年、リーグを牽引していた上位3チームですね。そこと3連戦を戦っているので、勝点を取ること、そこに注力していい準備したいと思います」

Q:先ほど監督も言及されていましたが、1点を取った後の失点の部分が課題なのかなと思います。その点について改めて伺ってもいいでしょうか?
「1失点目は、あの距離から素晴らしいゴール、シュートでしたね。そのシュートをされないように、もう少し寄せなくてはならない。そんなふうに思います。入れた本人については、情報としては選手には伝わっていると思いますが、なかなか素晴らしいゴールでした。また2失点目は、セレッソさんの強みであるクロスを上げた人間、入れた人間、両方とも注意すべき選手でした。注意していたんですけれどもやられてしまった。またトレーニングして防げるようにしたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ