【サッカー人気4位】リオ五輪予選の後遺症が解消されていなか…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第19節 川崎-福岡】「思い切りの良さが結果に結びついたのかなと思っている」/遠野大弥/知念慶

2021明治安田生命J1リーグ 第19節
日時:2021年4月14日(水)19:03キックオフ
会場: 等々力陸上競技場/6,958人
結果:川崎フロンターレ 3-1 アビスパ福岡
得点:[川崎]遠野大弥(19分)、[福岡]エミル サロモンソン(45+3分)、[川崎]知念慶(55分)、山根視来(90+5)

◎遠野大弥選手(川崎);
Q:気持ちの入った福岡戦で結果を残されました。今の気持ちやゴールシーンなどについて聞かせてください。
「本当に何て言うんですかね、今は複雑というか、古巣との対戦とか、こういうことはあんまり経験してこなかったので。ただ、そういった結果で福岡サポーターに自分が成長してきたことを見せられたのは良かったです。ゴールの場面は、思い切り足を振ったら何かが起こると試合前も話していたので、そういった思い切りの良さが結果に結びついたのかなと思っています」

Q:最初のゴールの後にあまり喜んでなかったように見えましたが、あの辺の気持ち的な部分教えてください。
「そうですね、あんまり喜んじゃいけないのかなと。やはり、そういうふるまいをした方がいいのかなと思いましたけど、やはりどこか嬉しい気持ちはありました」

Q:2点目の知念選手も遠野選手が打ったところからでしたが、あれもシュートを狙ったというところですか?
「そうですね。やはりファーに打てば誰かが触ってくれるというのは、練習でやってますし、そういったところがアシストという形になったのかなと思っています」

Q:相手とは違って中2日での試合でしたけれども、その辺も含めて、試合全体を振り返っていかがですか?
「僕自身、最初はあまり関われていない部分があったんですけれども、試合を通していく中で自分の良さが出て、後半はすごく自分たちのサッカーができたかなと思っています」

Q:古巣との対戦というところでお聞きしたいのですが、アビスパのプレッシャーとか、守備というのをどういうふうに感じられましたか?
「やはり徹底されていて、本当に茂さん(長谷部茂利監督)だなと思いましたし、前へのカウンターの速さというのはJ1でも屈指だと思っているので、そういったところを潰して、自分たちがペースを握れたのは良かった点だと思っています」

Q:福岡はミドルシュートを打たれて失点するケースが多いというところで、そこを踏まえて、あえてアビスパに提言したいことがあれば教えてください。
「いやあ、僕が言うことでもないですけれど・・・、僕たちはミドルシュートに対する寄せというところは意識していますし、まあ、そうですね、意識を変えていけばいいのかなと思います」

Q:今日に関しては狙いどころだったという感じでしたでしょうか?
「ミドルシュートも自分の良さの一つなので」

◎知念慶選手(川崎);
Q:今季初ゴールというところで、あのシーンを振り返っていただけますか?
「詳しくは覚えていないんですけれども、(遠野)大弥がシュートを打ったこぼれに詰めようと思って中に入っていたら本当にボール来たんで、上手く触ってゴールできたと思います」

Q:そこに至るまでの展開で、一旦中盤に下がってボールを受けて右に展開して、そのままゴール前に入っていったと思います。あの辺りのプレーというのは、自分の良さを出すというか、意識をしていた流れだったのでしょうか?
「そうですね。今の川崎はFWの周りに、結構、サポートにシャドーが来てくれるので、上手く絡みながらというのは意識しながらやっていました」

Q:鬼木監督もおっしゃってましたが、身体を張って、自分の強いところをすごく強調したというか、上手く活かせたと見ていますが、ご自身ではいかがでしょうか?
「鬼木監督には、とにかく自分の良さを出せと口酸っぱく言われてきたので、今日は自分の良さをとにかく出すことを意識して試合に臨みました」

Q:率直に今季初ゴールの感想を教えてください。
「今年は特に川崎はメンバー争いが激しくて、なかなかチャンスが回ってこない中で、今日初めてスタメンというチャンスをもらえて、その中でゴールできたというのはFWとして素直に嬉しいです。絶対に、今日このチャンスをものにするつもりで試合に臨んでいたので、ほっとしているというか、安心しました」

Q:今季はなかなか出場機会がなかった中で、どういうふうに自分の中でコンディションや試合勘というものを維持しようとしてたのでしょうか?
「今シーズンは10分ぐらいしか試合に出れなくて、なかなか試合勘とか、チームのサッカーに慣れるという面では苦しい時間が続きましたけど、メンバー外トレーニングとかでも、本当に全員が精力的に取り組んでるので、そういった練習環境がコンディション維持にも繋がったと思います」

Q:今日は、かなり強いCBが相手でしたが、どういうところを意識して試合をされたんでしょうか?
「あんまりぶつかりすぎずというか、上手く間で受けられるように意識してやってましたけど。要所では上手く身体をぶつけてやろうというふうに思ってました」

Q:結果として勝点3が取れましたが、それについてはいかがでしょうか?
「本当にチームがここまで全然負けていなくて、自分がスタメンのときに負けたらどうしようっていう不安もあったんですけど、勝ててほっとしています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ