【サッカー人気1位】トーマス・デン、武田英寿が復帰戦となる…

「football fukuoka」中倉一志

【レポート J1第19節 川崎-福岡】力を出し切った90分間。だからこそ感じた悔しさを糧にアビスパは勝利を目指して前へ進む

2021明治安田生命J1リーグ 第19節
日時:2021年4月14日(水)19:03キックオフ
会場: 等々力陸上競技場/6,958人
結果:川崎フロンターレ 3-1 アビスパ福岡
得点:[川崎]遠野大弥(19分)、[福岡]エミル サロモンソン(45+3分)、[川崎]知念慶(55分)、山根視来(90+5)

アビスパ福岡は14日、アウェイ等々力陸上競技場で川崎フロンターレと対戦。自分たちのサッカーを貫くアビスパは、組織的な守備で川崎の攻撃に対抗。19分に先制点を許したが、前半のアディショナルタイムにはエミル サロモンソンがFKを直接叩き込んで同点に。期待を感じさせる内容で後半へと折り返した。しかし、後半に入ると川崎がギアチェンジ。55分に追加点を奪われ、その後も激しいプレッシャーにさらされて思うようにサッカーをさせてもらえず。後半のアディショナルタイムにもゴールを奪われ1-3で敗れた。アビスパは次節(4/17)、ホーム・ベスト電器スタジアムでFC東京都対戦する。

(残り 1355文字/全文: 1780文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ