【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!】元悦放談:魔境J2…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第10節 福岡-FC東京】「こういう時にこうするというプレーの一貫性がなかった」/岡崎慎/東慶悟

2021明治安田生命J1リーグ 第19節
日時:2021年4月17日(土)14:03キックオフ
会場: ベスト電器スタジアム/4,981人
結果:アビスパ福岡 1-0 FC東京
得点:[福岡]ブルーノ メンデス(58分)

◎岡崎慎選手(FC東京);
Q:今日はサイドでの先発でしたが、どのようなことを意識して試合に入られたのでしょうか?
「川崎戦では入り方のミスというか、ミス絡みの2失点で入っているところで、チームとしてどういうふうにして、どれだけシンプルに入れるかということを意識していて、自分もできるだけシンプル、シンプルにプレーして、前線のディエゴだったり、アダ(アダイウトン)に向かって、どれだけシンプルに裏に落とせるかというのを意識して入りました」

Q:その結果として、いつものFC東京らしいというか、相手のゴールに襲い掛かるような調子の良さが前半は出たと思います。ディフェンダーとして、前半の出来はどのように振り返りますか?
「逆に言えばすごくシンプルなプレーしかなかったので、守備のところでもっとボールを取りに行ったりとか、(相手の)シュートの本数、クロスの本数ももっと減らせたと思いますし、そこは全然良くなかったところです。自分がSBでプレーするのは久々だったんですけれども、そういうことに関係なく、もっとしっかりとゲームに入らないといけなかったと、終わってみて感じました」

Q:試合全体を通して福岡に1点届かなかったわけですが、この結果をどのように捉えていますか?
「やることがはっきりしていることの差というか、自分たちの中に迷いがあるわけではないのですが、各々で、こういう時にこうするというプレーの一貫性がなかったかなというのはすごく感じていて、福岡さんの方が、すごくチームとして、こういう時にはこうするとか、点を取った後はこういうふうに守る、そういうところが徹底されていました。そこは自分たちも練習や試合で勝ちながら突き詰めていかないといけないところだと思いましたし、自分がSBに入ってもやれるということをチームとして出せていませんでした。自分のパフォーマンスの問題だと思うんですけれども、そこの差をすごく感じました」

◎東慶悟選手(FC東京)
Q:前節とはメンバーも変わって、前半は割といいリズムで攻撃ができたという印象でしたが、東選手はどのような印象を持っていますか?
「内容的にはすごく良かったと思うし、サッカーなのでゴールというところにはこだわっていかないといけないし、そこが取れるか取れないかで試合展開というものは変わってくると思います。もちろん、福岡の球際の気持ちだったり、そういうところというのは見習わないといけないですけれども、試合を通して、内容的にはチャレンジしている中ではいいと思うので、続けていきたいと思います」

Q:ああいう展開で点が取れないと後半は厳しくなるというのは予想はできていたのでしょうか?
「サッカーではありがちなことですし、どの試合でも、どの相手でもゴールをするということは重要なことなので、またそこにフォーカスしてやっていきたいし、いいところは続けていきたいなと思います」

Q:失点してからかなりバタついた印象がありました。ピッチの中ではどのような感じでしたか?
「アウェイで相手がゴールすると、スタジアムの雰囲気もそうですし、『勝てる』というか、そういう雰囲気になると思うので、それもあって、ちょっとバタバタしましたけれども、それ以外の部分では良くやれていた部分も多いと思うので、ポジティブに捉えてやっていきたいと思います」

Q:連敗になってしまいましたが、チームをどのように立て直していきたいですか?
「しっかりと分析して、いいところと悪いところをチームで話し合って、現場の中で選手同士で話し合ってやっていくしかないですし、次はルヴァンを挟んでということになりますけれども、ルヴァンでいい流れを作って、それをリーグに持っていきたいと思います」

Q:ここからどのように立て直して連戦を戦っていくのか、意気込みをお願いします。
「下を向いてもしょうがないし、負けるときは負けるし、川崎とやる前は負けなしで来ていたし、シーズンは勝ったり負けたり、いろいろとあると思うんですけれども、負けると全部悪いような雰囲気になるのが一番良くありません。今日の試合でも良かった部分はたくさんあったので、しっかり前向きに捉えて、いいところはいい、悪いところは悪いとはっきりさせて次に向かっていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ