【サッカー人気5位】米独目線で考える「スーパーリーグ頓挫の…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事 選手コメント YBCルヴァンカップ第3節 鳥栖-福岡】「申し分けない気持ちはすごく強い」/高橋義希/オフォエドゥ

2021明治安田生命J1リーグ YBCルヴァンカップAグループ 第3節
日時:2021年4月21日(土)19:03キックオフ
会場: 駅前不動産スタジアム/4,227人
結果:サガン鳥栖 0-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]ジョルディ クルークス(82分)

◎高橋義希選手(鳥栖);
Q:今日の試合ではシュート本数が3本というところで、なかなかチャンスを作れなかった印象です。今日の試合の課題を教えてください。
「まず今日の試合はクラブにとっても特別な試合、相手だったと思いますが、課題というか、まずはそこに絶対勝たなければいけないというところで、サポーターのみなさんに申し分けないという気持ちはすごく強いです。プレー面で言えば、もちろんシュート本数のところも全然物足りないさを感じますし、もっと崩しのところというか、スムーズに突破できるような場面でも、なかなか良い判断ができずに自分たちではまってしまうというところが結構あったので、そこは大きな課題だったなと思います」

Q:今日の試合では新加入のチコ選手とドゥンガ選手がプレーされましたが、同じピッチでプレーされて、期待する部分などを教えていただけますか?
「合流して日が経っていないので、まだ僕たち選手も、2人がどういうプレーが好きなのか、どういうプレーがやりたいのかというところが分かり切れていない部分が多いので難しいですけれど、その中で、今日の2人は本当に献身的にチームのためにやってくれていたと思います。これから、もっともっとコミュニケーションを取って、2人の特徴をしっかり理解して、その特徴を出すことができればなと思っています。もちろん攻撃の選手なので、得点に絡む部分というのを期待したいと思いますし、サガン鳥栖というチームは、全員で守って全員で攻撃してというのがあるので、そのチームの特徴を早く理解してほしいなと思っています」

Q:リーグ戦から大きくメンバーを入れ替えて戦っていますが、ルヴァン杯では勝利に手が届いてません。まず初勝利を挙げるためには、どういったことが必要だと感じていらっしゃいますか?
「リーグでは調子がいい中で、ルヴァンカップでは連敗していて、ルヴァンは結構メンバーが代わった中でやっていますけれども、それでもリーグ戦と同じような戦い方ができないと、リーグにも絡んでいけませんし、ルヴァンでも結果が出ないというところで、やはり日頃の練習からもっともっと突き詰めてやることが一番だと思います。それはチームとしていつも話していることですが、それを続けていく必要があると思います。それがルヴァンの結果に繋がってくるのではないかというところで、日々のところでしっかりやっていきたいなと思います」

◎チコ オフォエドゥ選手(鳥栖);
Q:日本での公式戦デビュー試合になりました。まずピッチに立った感想を教えてください。
「練習を積んできて、身体も徐々にフィットしてきての今日の公式戦というところで、1年3ヶ月ぶりの試合でしたが、この試合に参加できて、とても嬉しかったです」

Q:実際に今日の試合を通して感じた課題や手応えを教えてください。
「チームの状態はとてもいいです。ただ、やはりもっとこれから向上させていかなければいけないのは、個人の力であったりとか、チームでどうやって崩していくのかというところだと思うので、これからその課題を解決しながら、次のリーグ戦に向けて頑張っていければと思っています」

Q:サポーターが駆けつけたスタジアムの雰囲気はいかがだったでしょうか?
「本当に本当に素晴らしかったです。このサガン鳥栖のサポーターの前でプレーできたことは本当に本当に素晴らしかったです。最初にピッチに出た瞬間から、最後にピッチを去るときまで、とても素敵な時間でした」

Q:これからリーグ戦の出場や得点というところが期待されていると思います。これからに向けての意気込みをお聞かせください。
「やることは一つです。チームのために走る、チームのために得点を取る、チームのために頑張る、それをリーグ戦に向けてやっていきたいと思います。そして、サガン鳥栖の何か記録を破るような、そういったプレーをこれからしていきたいと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ