【サッカー人気3位】柏に完封勝利 宇賀神友弥は試合出場を目…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第12節 福岡-浦和】「浮足立たずに次に向けていい準備をしたい」/奈良竜樹/ジョン マリ

2021明治安田生命J1リーグ 第12節
日時:2021年5月1日(土)14:01キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/6,906人
結果:アビスパ福岡 2-0 浦和レッズ
得点:[福岡]ブルーノ メンデス(8分)、ジョン マリ(86分)

◎奈良竜樹選手(福岡);
Q:前半から浦和に押し込まれる展開が続きましたけども、非常に粘り強いというか、押し込まれてもシュートまで持って行かせないという守備が目立っていたように思います。どういう考えで前半は守備をされていたんでしょうか?
「もっとアグレッシブに行きたかったですし、ホームなので、前半から、スタートから積極的に行きたかったんですけど、やはり(浦和が)上手だったので、立ち位置と、それぞれの技術と、そういうところで、なかなか最初はボールに行けませんでした。それでいいかと言われると、もっともっと自分たちに求められているところというのとは違いましたけど、ただ、前の選手、そして全員が本当に頑張ってくれたし、最後のところで何とか守れたという試合だったと思います」

Q:後半は前から行くところも増えて、相手陣内に入る回数も増えて、前半に比べて守り方も窮屈ではなくなった印象があります。どのあたりが修正できたとお考えですか?
「まずは全員が、相手の立ち位置と、相手の癖だったり、やろうとしてることに慣れてきたというところもありますし、相手との兼ね合いの部分もあって、いまそれを全部説明するというのは難しいんですけれども、もうちょっと早い時間で追加点を取ってというところが、本当に理想ではありましたけれども、途中から入った選手が、それぞれの役割をしっかりと自分の中に持ちながらやってくれたと思います。ただ、理想だったり、目指す部分というのは、後半にもう少し早くてんが 欲しかったですね。向こうも点を取りに来るというところで、前に人数をかけていたところもあったので、その部分でもう1点、2点取れれば、もっといやらしいチームになれるのかなと思います」

Q:相手の武藤選手、興梠選手は奈良さんとグローリ選手で抑え込んでいたと思いますが、その辺りの手応えはいかがでしたか?
「やはり常に注意しなきゃいけない選手であるというところでしたし、ほかにも危険な選手はいるんですけれども、最後に誰が点を取るのかというところで、興梠選手には僕も何度か対戦してやられているので、そこはすごく自分の中で意識しながらやっていました。何度か収められてはたかれてというところで危ないシーンもありましたし、映像を見れば、ボールは来なかったけれどもマークを外されていたというところはあると思うので、そこはまた修正しながらやりたいですね。ただ今日に関しては0で抑えられて良かったなと思います」

Q:もちろん理想がありますから、そこへ向かってということになると思いますが、一歩ずつというか、半歩ずつというか、少しずつ守備が整ってきている印象があります。
「試合によって、また課題が出る試合だったり、やられてしまうこともあると思います。ですから、あまりそういうところに一喜一憂せず、いい試合でも悪かった部分というのはあると思いますし、良くない試合でも良かった部分というのは絶対にあると思うので、そこは浮足立たずに、次に向けていい準備をしたいと思います」

◎ジョン マリ選手(福岡);
Q:札幌戦に続いて、今日はホームで素晴らしいゴールを挙げられました。いつものように「僕の仕事だ」とおっしゃるのかもしれませんが、まずは今日のゴールの感想を聞かせていただけますか?
「そうですね、『それが仕事だ』というのは、もちろん言わせていただきたいと思います(笑)。自分たちの歴史を作ったという、とてもいい気分です。とても嬉しいです」

Q:試合後にサポーターの前で、マイクを持って挨拶をされました。どんな気分でしたか?
「しばらくの間、ファンのみなさんの前で話すということがなかったので、ファンのみなさんの前に立った時、とても緊張していてナーバスな気持ちになっていました。でも、それはとても素晴らしいことなのだということも再確認できました」

Q:ゴール後のパフォーマンスについても、お話を聞かせてもらつてもいいでしょうか?
「アクロバティックな動きに関しては、小さい頃に習っていたので、嬉しい時に自然と身体が動くので、ああしてゴールパフォーマンスをしています。それと私の腕には妻と子供の名前が入っているので、そこにいつもキスをしています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ