【サッカー人気4位】【コラム】監督の電撃交代。その背景と、…

「football fukuoka」中倉一志

【アビスパ’s Voice】「ハーフタイムにより濃く話し合いをして、どういう守備をしていくかということを確認できた」/前寛之

内容:練習後の共同囲み取材
日時:2021年5月2日(日)
場所:ZOOMによるリモート取材

◎前寛之選手;
Q:浦和戦は、苦しい時間もかなりあったと思いますが、90分トータルで見れば、狙い通りというか、アビスパの完勝だったように思います。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「まず結果的なところで言うと、いい時間帯に2点が入ったというところは大きかったです。内容で振り返ると、前半はボール握られながら、奪いどころ、取りどころというのがなかなか見つけづらく、苦しい時間はありましたけれど、ただボールを握られていてもゴールに直結するようなボールの握り方はされていなかったので、それは試合全体を通してもそうですし、やられる時間ありながらも、自分たちのゴールに近づけさせないというところができたことが0につながったと思います。決して、すごくいい内容ではなかったと思うんですが、しっかりと、それを勝ちにつなげられたのは良かったですね」

(残り 2392文字/全文: 2803文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ