【サッカー人気2位】都道府県魅力度ランキングとホームタウン…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事 選手コメント YBCルヴァンカップ第5節 鹿島-福岡】「枠に入れるだけだった」/白崎凌兵/ディエゴ ピトゥカ

2021明治安田生命J1リーグ YBCルヴァンカップAグループ 第5節
日時:2021年5月5日(水)15:03キックオフ
会場: 県立カシマサッカースタジアム/8,343人
結果:鹿島アントラーズ 1-1 アビスパ福岡
得点:[福岡]ジョン マリ(24分)、[鹿島] 白崎凌兵(31分)

◎白崎凌兵選手(鹿島);
Q:同点ゴールのシーンについて振り返っていただけますでしょうか?
「ヤスさん(遠藤康)にボールが入った時に、いつも練習で一緒にやっているので、ヤスさんならヒールでボールを出してくれると思ったので、その通りにいいボールがきて、あとはしっかりと枠に入れるだけでした」

Q:一方で、後半のチャンスのシーンについても振り返っていただいてよろしいでしょうか?
「(関川)郁馬がヘディングしたときに、自分としては来てもいいように準備はしていたのですが、しっかり枠に決められなかったというのが結果なので、自分自身の課題であり、チームとして勝ち切れなかった結果に直結していると思っています。そこは自分に目を向けて、しっかりワンチャンスをものにできるように、自分自身で意識してやっていくしかないかなと思っています」

Q:相馬監督が就任されてから、公式戦は3勝3分ですが、引き分けた試合はいずれも先制されたものでした。先制されながら追いついているということを評価できる一方で、逆転までは至らなかったということもあると思いますが、その点については、どのように評価されていますか?
「自分たちは、どの試合も勝つことを目指してやっていますし、相馬監督になってからは、少し守備のところで前から行きたいというところが一番大きく変わったところだと思うんですけれども、監督交代にかかわらず、先に失点したら難しくなるというのはありますし、できれば先に失点はしたくはないですけれども、先に失点することもあるのがサッカーだと思いますし、そこで逆転しきる力というものを付けていく必要があると思っています。今日で言えば、自分の力不足で勝てなかったと思うので、一人ひとりが自分に目を向けてやっていくことも大事だし、チームとしてチャンスを作れなかったことに目を向けることも大事かなと思います」

Q:ピトゥカ選手が入って、前半からいいリズムでボールが回っていたと感じていましたが、実際に長い時間、一緒にプレーした感想を聞かせてください。
「練習で見ることは多かったんですけれども、一緒にゲームでやったりというのはなかったので、どういう感じになるのかなというのはありましたけれども、左利きのボランチということで、右利きが並ぶと、どうしても左にボールがなかなか来ない展開というのが多いんですけれども、開いてこっちを見てくれる分、自分もボールを受ける回数がすごく増えたし、そういう意味では、すごくやりやすかったという面はありました。そこで3人目のパターンだったり、今までになかった崩しだったり、間に入ってくるパスというのもあって、自分としては欲しいタイミングでボールが入ってくるので、次のイメージを持ちやすいし、ストレスなくやれました。後半はピトゥカも疲れていたと思うので、なかなかボールが左サイドの方まで来なかったんですけれども、コンディションが上がればもっとやってくれると思うし、個人的にはやりやすかったなというのが素直な感想です」

◎ディエゴ ピトゥカ選手(鹿島);
Q:公式戦では初先発でしたが、今日のご自身のプレーについて振り返っていただけますか?
「3か月間、自分が愛しているサッカーをすることができなかったので、非常に嬉しく思いますし、それを考えれば、90分間近くプレーができたことは大きな収穫だったと思います。当然、自分のいい状態ではないということは分かっていますけれども、それなりのプレーはできたと思っています。自分だけではなく、チーム全体が今日は非常にいいプレーをしたのではないかと思っています」

Q:試合勘やフィジカルコンディションを含めて、どの程度まで上がってきているのでしょうか?
「まだ50%か、60%位しかないかなと。ディエゴという選手は自分に対して非常に厳しく、競争意識というものが非常に高いので、まったく今日で満足しているわけではありません。試合に出られたことは嬉しいですけれども、パフォーマンスに対しては非常にシビアだと思いますし、1日も早くコンディションを上げて、100%になれるように努力していきたいと思います」

Q:鹿島にとって聖地でもあるカシマサッカースタジアムで初めてプレーした感想を聞かせてください。
「オファーがあり、契約に向けての話が進んで行く時に、アントラーズのことはいろいろと調べましたし、熱狂的なサポーターがいるということも分かっていました。契約が決まったところで、サポーターのみなさんがいろいろとメッセージも送ってくれましたし、非常に温かい言葉も多くいただきました。その一部の方たちと、今日、お会いできたと思いますが、とても感謝しています。僕はアントラーズにタイトルをもたらすために来ましたし、タイトルを取ることで、みんなを喜ばせることを目標にしているのて、それをしっかりと果たして恩返しできればと思っています」

Q:終盤のゴールチャンスがあった時に、足に当たらなかったというか、ふかしてしまった場面があり、終盤、少し疲れてきた印象も持ちました。実際はプレーしてみて、コンディション面はいかがでしたか?
「当然、3か月ぶりの試合ですから、そこで90分近く出る中では、非常に自分の求めていることは出し切れていないと思いますし、それは当たり前のことではないかなと思います。3か月も試合をやっていない状況で、いきなりトップパフォーマンスができたら、それはすごい選手ですけれども、自分は地道に取り組んでいきたいし、さっきの質問にも答えたようにコンディションは100%ではないので、日々努力して、チームメイトにも感謝して、彼らとともにアントラーズの力になれる選手になれるように向上していきたいなと思います」

[中倉一志=取材・校正・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ