【サッカー人気5位】【松本山雅】[元悦対談]新監督・名波浩…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第13節 福岡-柏】「ぎりぎりの場面で防いだ場面があり、それが勝利に結びついた」/長谷部茂利

2021明治安田生命J1リーグ 第13節
日時:2021年5月9日(日)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,688人
結果:アビスパ福岡 1-0 柏レイソル
得点:[福岡]志知孝明(48分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「開始早々に失点していたら、今日の結果はなかったと思います。相手のミスだったかもしれませんし、それ以外でも、ぎりぎりの場面で良く防いだなという場面があったと思います。それが結果、1-0という勝利に結びついたと思っています。またセットプレーで得点が取れたところについては、スカウティングも含め、スタッフが選手と話をしていいものを作り上げて、それを時間がない中で合わせて、キックも良かったし、ヘディングも良かったし、素晴らしかったです」

Q:クラブにとってJ1新記録の4連勝です。それについてはどのようにお考えですか?
「非常に嬉しいです。私のタスクというか役割は、福岡のみなさんにいいニュースを届ける、それも勝ちで、連勝で、順位も含めて、ただ戦うだけではなくて、その中から勝利とか、勝点とか、新しい良いニュースを届けることが役目だと思っているので、本当に良かったと思っています」

Q:先ほど監督もおっしゃっていましたが、今日の試合は、どこかで何かが変わっていれば別の結果もありうる試合でした。そんな試合で狙い通りに勝利を手にした要因は、どこにあるとお考えでしょうか?
「選手たちが、自分たちがやろうとする姿勢であったり、それが時々できたり、一体感も含めて、チームになっていたと思います。柏がチームになっていなかったというわけではなく、少し外国籍選手の合流の遅れであったり、けが人等の関係で、いい状態ではないと思うんですね。それに比べると我々は選手たちが非常にいい状態。準備も含め、コンディションも含め、この試合に挑めていると。そのわずかな差が勝利につながったのかなとも思っています」

Q:これまでの試合と比較すると、前からはめるスタイルが前半から最後まで貫けたと思います。そういう意味では、少し監督が目指していらっしゃるスタイルに近づけたのかなという印象もあります。
「印象ですけれども、前半の最初の方は、相手のロングボールに対して上手く対応できていない場面があったりという意味では、もう少し、そのボールを自分たちでつないで、もしくは、ゴール前に速く持っていくという形を、もっともっとしたかったのですが、カウンターの形も回数が少なかったですし、ボールを取る形も、もっともっと修正できると思いますし、回数も増やせるのではないかと思います」

Q:82分の3人の交代の意図は、相手の立ち位置に合わせたということでしょうか?
「そこの交代は、疲労も含め、システムも含め、昨年、何度もやっていた形を今日はやってみました。相手が4枚なり、5枚なり、走って入って来る場面も含めて、長いボールだったり、ゴール前にボールを運ばれる回数が増えてきたなと。相手の交代も見ていると、ゴール前に入って来て得点が取れそうな選手を入れてきているので、そこにしっかり合わせて、自分たちがやられないようにということでした。そして、そこからカウンターという意味では、カウンターで点が取れそうな場面もありましたけれども、惜しかったと思います」

Q:分かる範囲で結構ですが、クルークス選手の状態はいかがでしょうか?
「膝が入ったみたいです。あの高さで膝が入るというのはファールではないかなと思いますが、ジャッジは主審がするものですから。重症か軽傷か分かりませんが、そうとう痛い状態です」

Q:4連勝中は先制して固く守ってという試合が続いています。試合運びが確立されてきたような印象もありますが、監督はどのように受け止めていらっしゃるでしょうか?
「いえいえ、守備もしっかり、攻撃も、もっともっと時間も回数も増やしたいというのが私の本音です。ある意味、守らなくてはいけなくなっている現状ですね。自分たちのミス、カットボールのミスだったり、攻撃のミスが、相手に攻撃権を譲っているという面があるので、守備は継続して0で抑えられるように全員でしっかりやると。攻撃もアイデアを持ちながら、技術も出しながらやると。その辺がまだまだ足りないと思うので、時間も回数も少ないんですけれども、少しずつですけれども上達して、いい攻撃ができるようにしていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ