【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 YBCルヴァンカップ第6節 福岡-鳥栖】「選手たちは攻守にわたってよくやってくれた」/長谷部茂利

2021明治安田生命J1リーグ YBCルヴァンカップAグループ 第6節
日時:2021年5月19日(水)19:03キックオフ
会場: ベスト電器スタジアム/979人
結果:アビスパ福岡 4-1 サガン鳥栖
得点:[福岡]城後寿(8分、56分)、石津大介(60分)、フアンマ(72分)、[鳥栖]林大地(74分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「点数の取り方、また複数得点が取れて、失点してしまいましたが、得点のあとの気を付けなくてはいけない時間、それだけだったので、サッカーそのものは良かったと思います。選手たちはよくやってくれたと思います。また交代したカルロスですけれども、大きな怪我になっているので、ちょっと信じられないようなジャッジと、自分たちの選手が1人大きく傷ついた、自分でということではなく相手に傷つけられたような状態だったので、非常に残念です。またゲームの中で私自身も少し熱くなってしまって、ちょっとみっともない態度をしてしまったんですけれども、また改めて自分自身の態度、チームとして試合で勝つためには何が必要かというのをもう一度考えて、次のゲームに向かっていきたいなと思ってます」

Q:非常に良いゲームでした。試合前に、監督はアビスパは公式戦ではすべての試合で勝ちに行くとおっしゃっていました。結果はもちろんですが、選手たちの態度、姿勢にも、そういうものがすごく表れていた試合だったのではないでしょうか?
「本当に選手たちは攻守にわたって、攻撃、守備の狙い、切り替えも早いし、球際も正当にやろうということで、よくやってくれたと思います」

Q:得点シーンは、いずれも高い位置から連動したプレスをかけて、奪ってから素早くゴール前に運んで結果につなげるという、狙い通りの展開からのものでした。
「おっしゃる通り狙い通りの形でした。また、他にも違った形も含め、セットプレーでもっていうところで点数を取りたかったなというふうには思っていますけれど、おっしゃる通り、狙い通りの形で点数が取れました」

Q:これで公式戦は9戦負けなしになりました。
「負けていないということは、選手たちには精神的に非常に良い状態ですし、また次も勝ってやろうという、そういう意気込み、モチベーションになると思います。いい方に力を出せるようにマネジメント、選手たちと一緒になって作っていきたいなと思っています」

Q:リーグ戦とは少しメンバーは変わっていましたけれど、前線の守備とか、攻撃のつなぎとか、リーグ戦のメンバーと同じような良さが出たように見えました。
「非常に良かったし、またリーグ戦の何試合かと比べても、もっと良かったと思います。点数も実際に4点も取れたというところで、攻撃のところは非常によかったと思います。それと、同じような形とおっしゃられたんですけども、当然、同じチームなので、違った形ではなくて似たような形にも見えると思いますし、トレーニングをするときも一緒にトレーニングしていますし、同じことをさらに質高く、スピードを早く、正確にというところを意図してやっています。そういう意味では同じになって当たり前ですし、今日は非常に良かったと思います。いい形ができました」

Q:リーグ戦では複数得点のゲームがあまりなく、そういう意味では、今日の試合は非常にいいことだと思います。これをリーグ戦にどのようにつなげていきたいと思っていらっしゃいますか?
「勢いというものは、当然、そのまま継続してというところですけども、点を取った形というと、練習している形ですし、共有している形でした。ただ簡単に取れないのが現実ではあります。そこで今日ぐらいの質、スピード、そういうところが大事になってくると思いますが、『そこが大事なんだよ。だから点数取れたね』というところで、今回は褒めなければならない、そういう得点だったと思います。褒めるしかありません。これから、その褒める回数が増えるように、選手と高めたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ