【サッカー人気2位】総力結集でポステコグルー前監督退任とい…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第17節 大分-福岡】「早い時間帯に失点してしまい大分さんの良さが出た」/宮大樹/前寛之

2021明治安田生命J1リーグ 第17節
日時:2021年5月30日(日)15:03キックオフ
会場:昭和電工ドーム/5,793人
結果:大分トリニータ 2-1 アビスパ福岡
得点:[大分]長沢駿(7分)、エンリケ トレヴィザン(70分)、[福岡]ジョルディ クルークス(77分)

◎宮大樹選手(福岡);
Q:悔しい敗戦になりました。久しぶりの複数失点というところもあり、今日のゲームは思うような守備ができなかった印象があります。どのように振り返っていらっしゃいますか?
「立ち上がりの失点がすべてだったなというふうに思います。立ち上がりは自分たちが良い形で入ろうと言っていた中で、早い時間帯に失点してしまったので、大分さんの良さが出た試合だったかなと思います」

Q:90分間を通して見ると、連勝していたときのチームが持っていた雰囲気と、前節、今節のアビスパの戦いぶりと、その落差が随分大きいなという印象を持ちながら見ていました。これだけ大きく内容が変わってしまった要因は何かありますか?
「自分は前節はベンチからでしたけど、今節、大分さんとやってみて、すごく自分たちが研究されてきているなというような印象を受けます。その研究されてきているところに対して、自分たちがどうアプローチするのかという新たなその問題というか、新たな課題が出てきているんじゃないかなと思っています」

Q:スタンドから見ている限りでは、どうやって攻めるのか、どうやって守るのかというところで、これまでのようなチームの一体感が少し欠けているかなという感じがしました。それは、今おっしゃったようなことに起因しているということでしょうか?
「特に最近は前半の入りが良くないので、その部分でちょっと後手後手になってしまっているなという印象はあります」

Q:この後、リーグ戦は3週間ほど空きますけれども、前節、そして今日の試合と、よくない試合が2つ続いたということを受けて、何か改めて上積みするとか、修正しなければいけないと、今、感じていらっしゃる部分はありますか?
「この空く時間というのは、僕にとってはすごくいい時間なのかなと思っています。自分たちのやってきたこと、何が良くて自分たちが連勝してきたのか、負けなかったのかというのを振り返るいい期間でもあるので、その期間を有意義に使って、また足下を見つめ直して、練習からやっていきたいなと思います」

Q:今までは結果に拘わらず、とにかくポジティブに前を向いて一つになってやっていくというのがアビスパの良さだったと思いますが、ここへきて、あまりよくない試合が2つ続いてしまったというところで、みなさんの様子はいかがですか?
「そうですね。試合は結果がすべてなので、次の試合に向けてやっていくだけだなと思っています」

Q:今日の試合は連勝が止まった後であり、またダービーとはいえ、アウェイでの戦いであり、アビスパ側にとっていろいろと難しい要素のある試合だったと思います。その中で、メンタル的な準備として、どういったところに注意して試合に入られたのか、それが、この試合でどれぐらいできたか、その辺りをどう感じられているのかを教えてください。
「僕個人としては久しぶりのスタメンの出場だったので、どうしても結果が欲しいという強い気持ちで入ったつもりでしたが、前半の7分に失点をしてしまったということで、出鼻をくじかれたなという想いがあります。チームの中でも、前半は良い立ち上がりで入ろうと、監督も含めて声掛けをされていたので、そこがすべてだったのかなと思います」

◎前寛之選手(福岡);
Q:リーグ戦なので良い時もあれば、悪いときもありますし、勝てる試合もあれば、そうでない試合もあると思いますが、2試合続けて自分たちのやりたいことが思うように出せなかったというところで、何か感じられるようなことはありますか?
「自分たちの良さをどう出していくかというところと、上手くいかない時間帯は絶対にあるので、今日で言えば大分さん相手に何を狙っていくのかというところを、もう少しはっきりさせて、全員で意思統一しながらプレーする必要があったと思います。何が相手にとって効果的なのかというところは、しっかりとした考えを持ってプレーしなければいけないと思いました」

Q:相手がアビスパを研究して戦ってきているという試合が何試合か続いています。もちろん試合なので、それはお互い様だと思いますが、今日の試合は自分たちに問題があったのか、それとも相手にやられてしまったのか、そこはどのように感じていらっしゃいますか?
「常にベクトルは自分たちに向けるべきだと思います。毎試合、相手が違って、その対戦相手によって目指すサッカーは少し変わるんですけれども、そういう変わる試合で、どうやって相手の弱点を突いていくのかというのは・・・。今日は自分たちが悪くて負けた試合になったと思います」

Q:ここのところ、前半の早い時間帯に失点する試合が続いていて、少し気になるところですが、その辺りはどのように捉えていらっしゃいますか?
「失点を重ねていますし、あの時間帯に先制点を取られると、試合はより難しくなるので、なんとか自分たちが先制点を取れるような進め方をする必要があると思います」

Q:この後、リーグ戦は3週間ほど空きます。勝点を取れた試合も、取れなかった試合もありましたが、この3週間で整えたいこと、上げていきたいことがあれば教えてください。
「まず少し身体を休める時間にすることと、今日は負けましたけれども、7試合負けなしできていたこともありますし、まずはポジティブな3週間を過ごしたいと思います。もちろんトレーニングもあるので、課題として出たボールを保持しているときにどうやって攻めるのかというところもそうですし、守備のところでは3バック相手の守備の確認であったり、いろいろとやることはあるので、トレーニングでしっかりとやって、3週間後のリーグ戦につなげていきたいと思います」

Q:ここまでで勝点29を取ったという成績については、どのように振り返っていらっしゃいますか?
「よく取ったと思えばよく取ったと思いますし、勝てる試合、引き分けにできる試合というものも、もう少しあったと思うので、満足していてはだめだと思います。また、下馬評は低かったですけれども、それを自分たちで覆してきたので、後半戦、ここからどれだけ伸ばせるのか自分でも楽しみなところでもあります。自分たちに期待しながら、後半戦もいい順位で終われるように頑張りたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ