【サッカー人気1位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント 天皇杯3回戦 鳥栖-福岡】「自分たちの攻めの形を多く作れなかった」/湯澤聖人/森山公弥

天皇杯 JFA 第101回全日本サッカー選手権大会 3回戦
日時:2021年7月7日(水)19:00キックオフ
会場:駅前不動産スタジアム/5,303人
結果:サガン鳥栖 1-0 アビスパ福岡
得点:[鳥栖]樋口雄太(90+1分)

◎湯澤聖人選手(福岡);
Q:残念な結果になってしまいましたが、アビスパらしい粘り強さも見せられた試合でもあったと思います。どのように試合を振り返っていらっしゃいますか?
「リーグ戦も含めて連敗していて、立ち上がりの失点が多いというところもあったので、まずは無失点で前半を自分たちらしく戦うところを意識していましたし、普段、あまりリーグ戦に関わっていないメンバーがスタメンで出るので、ここでアビスパに流れを持ってくる、チームに勢いをもたらすという意味でも、僕自身もこのゲームにかけていた部分もありましたし、みんなもかけていたと思います。けれども、最後の最後で結局負けてしまったら、アビスパらしいとは言えない。『ただ粘り強く戦ったけれども、結局、負けたよね』で終わってしまうので、悔しい一戦になりました」

Q:勝つというところで言えば、何が足りなかったとお考えですか?
「終始、押し込まれましたが、リーグ戦でも鳥栖が強いのは分かっていましたし、カップ戦でやっていますけれども、相手は今日、主力メンバーを出してきたので、押し込まれる展開は予想できたのですが、そこから自分たちの形でクロスだったり、セットプレー、CKだったり、攻めの形を多く作れなかったというのが敗因です。自分たちらしさということで言えば、アディショナルタイムに失点をするようなゲーム展開では、僕たちは勝ちを引き寄せられないチームなので、僕的には一番良くない負け方をしてしまったなと思っています」

Q:それは特長を出しながらも結果が取れなかったからということでしょうか?
「結局は、去年からもそうですけれども、粘り強く戦って勝つのが僕たちらしさだと思っているので、負けてしまったら、ただ粘って、粘って、ある意味、勝負強さを出せずに、ただ粘るだけで終わってしまうサッカーになってしまいます。ここで勝つのが勝負強さだと思いますし、そこが出せていないから今勝てていないと思います。終わった後は悔しかったですけれども、またすぐに試合もあるし、練習で何かを変えていかないといけないと思っています」

◎森山公弥選手(福岡);
Q:久しぶりの公式戦での先発でした。まず、今日の試合をどのように振り返っていらっしゃいますか?
「試合に負けたということと、最後までピッチに立てなかったということで、本当に悔しい試合でした」

Q:先日お話をお伺いした時に、もっと自分から発信していかなければいけないとおっしゃっていました。そういう意味では、今日はどのくらい出せたと感じていらっしゃいますか?
「最初から意識して周りにどんどん伝えていくということはできていたんですけれども、時間が経つに連れて苦しい時間に入ってきた時に自分のことだけになってしまったので、苦しい時間だからこそ、もっと周りに伝えていかないといけないなという課題も見えた試合でした」

Q:ボールをずっと持たれている展開ではありましたが、前半の飲水タイムの後から、少し前から行けるようになりました。どの辺を意識して修正されたのでしょうか?
「自分たち2列目のボランチだったり、SHの選手をもっと押し出していこうという話になって、そこで上手く相手の右サイドではめることができたので、いい流れには持っていけたんですけれども、そこで点が入らなかったというのが悔しいところです」

Q:試合に敗れたというところで、ご自身の中で感じられた課題というと、どんなところになりますか?
「立ち上がりのところで自分でもシュートを決めるチャンスがありましたけれども、そういうチャンスをものにしていかないと勝っていけないし、試合にも絡んでいけないので、もっと自分でアクションを起こして、チャンスを作っていくということが大事かなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ