【サッカー人気1位】川端暁彦と五輪GL総括「予定外の事も良…

「football fukuoka」中倉一志

【中倉’s Voice】53年ぶりのオリンピックメダル獲得を目指す冨安健洋。その戦いを前に彼が残した言葉と想いを振り返る


※写真は2018年1月8日、シント=トロイデン移籍発表記者会見時のもの

U-24日本代表の冨安健洋(ボローニャFC・セリエA)。アビスパ福岡に関わる人にとっては特別な選手であることは言うまでもない。その彼がU-24日本代表の主軸として東京オリンピックに出場する。目標は一番光り輝くメダル。誰もが、その活躍を目に焼き付けたいと思っているはずだ。かく言う私もその一人。メディアとしての立場だけではなく、アビスパに関わる者の1人として彼が目標を叶えることを願っている。

(残り 1968文字/全文: 2198文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ