【サッカー人気4位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第30節 福岡-鳥栖】「球際の部分だったり、サッカーのベースの部分で上回られていた」/金明輝

2021明治安田生命J1リーグ 第30節
2021年9月25日(土)19:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,996人
結果:アビスパ福岡 3-0 サガン鳥栖
得点:[福岡]フアンマ(41分)、山岸祐也(68分)、渡大生(90+4分)

◎金明輝監督(鳥栖);
Q:試合を振り返って
「情けない試合を見せて本当に申し訳ないと思っています。選手たちはハードに、タフに、しっかり戦ってくれたんですけれども、球際の部分だったり、サッカーのベースの部分でアビスパさんに上回られていたのかなと思います。あとは、もっともっと勇気を持ってポジションをもっと高めに取れたらなというところもあったと思うんですけれども、アンパイ、アンパイのポジションを取っていたような、見直してみないと分からないですけれども、そういう印象です」

Q:今週の練習で背後を取らせるところを意識させていたと思いますが、前半はあまりいい方向に出なかったのかなという印象を持ちました。監督はどのようにご覧になられていましたか?
「背後を取ろうというアクション、オーガナイズはしてはいたんですけれども、相手がうちの右サイドにボールを持たせるような感じは途中から分かったので、そこから入っていけるシーンがあったり、そこからスムーズに攻撃に入っていけるようなシーンがありましたけれども、フィーリングが悪かったですね」

Q:それを受けて、後半はどのような修正をして送り出したのか教えていただけますか?
「当然、その中で背後を取ろうと、1点を取ろうと、そういうところからスタートして。どうですかね、選手たちも含めて聞いてみないと分からないですけれども、背後を取ったり、相手が恐れるような攻撃ができなかったと思っています」

Q:ハーフタイムでファン ソッコ選手が交代になりましたけれども、コンディション的な問題だったのか、戦術的なところだったのか、その辺を教えてください。
「次の試合もあるので、我々の内情はあまり伝えたくないというのが本音ですね。すいません」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ