【サッカー人気4位】欧州組が占める日本代表を見て「隔世の感…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第30節 福岡-鳥栖】「0で終わって攻撃の選手として責任を感じている」/山下敬大/樋口雄太

2021明治安田生命J1リーグ 第30節
2021年9月25日(土)19:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,996人
結果:アビスパ福岡 3-0 サガン鳥栖
得点:[福岡]フアンマ(41分)、山岸祐也(68分)、渡大生(90+4分)

◎山下敬大選手(鳥栖);
Q:今週の練習で背後を取る意識を高めて臨んだと思います。手応えとしては、どのように感じていらっしゃいますか?
「僕が背後を狙うことによってディフェンスラインも下がっていましたし、上手く小屋松選手のところにボールが入ったシーンもありましたし、狙いとしては良くもなかったですけれども、悪くもなかったと思います」

Q:後半の方が、いつもの鳥栖らしいゆったり感からの背後という形になったと思います。どのように修正を加えたのでしょうか?
「リードされている展開だったので点を取りにいくしかないですし、中が堅いのでサイドから侵入してというチームとしての狙いはありました」

Q:今日の攻撃の部分で、前節の大分戦から、攻め込みながらも得点に結びつかないシーンが目立っていますが、今日の攻撃の部分の課題を教えてください。
「点を取るところだと思いますね。最後のフィニィッシュのところが足りなかったし、あれがオフサイドがどうかは分からないですけれども、0で終わったというのは、非常に攻撃の選手として責任を感じています」

Q:今日は九州ダービーということで負けられない一戦だったと思いますが、0-3の敗戦でした。その点はいかがでしょうか?
「負けてしまったという、それに尽きますね。もっともっと自分たちが上に行くためには勝たないといけないし、今日の試合に関しても、正直なところ特別な想いというものもありましたし、サポーターの想いも汲んで試合に臨んだので、絶対に勝って帰りたかったというのが正直な気持ちです」

◎樋口雄太選手(鳥栖);
Q:最近、引く相手との対戦が続いていて、崩すための準備もしてきたと思います。実際、その部分の出来というものは、どのように感じていらっしゃいますか?
「今日は自分たちのサッカーができなかったという印象です」

Q:樋口選手は下部組織出身で、この一戦の重みみたいなものを試合前から意識されていましたが、普通にいけば来年もこのカードはあると思います。この悔しさをどのように消化して来年につなげていきたいと思っていらっしゃいますか?
「今日みたいな負け方というのは本当に情けないと思いますし、やってはいけない戦い方だと思うので、サポーターのみなさんには申し訳ない気持ちでいっぱいです。もっともっと勝ちに対して貪欲にいかなければならないと思います」

Q:後半の2点目、3点目は簡単にゴールを決められた印象がありますが、その要因を教えてください。
「リスク管理というところは、今日の試合ではあまりできていなかったところがありますし、攻めている状況の中でも、ディフェンスラインと自分とで跳ね返すことができれば、今日の試合も結果的には変わってきたのではないかと思います。そこにまた取り組んでいきたいと思います」

Q:最初のコメントで自分たちのサッカーができなかったということでしたが、ピッチ上で福岡の脅威などを感じる場面はありましたか?
「ロングボールを蹴ってくるのは対戦前から分かっていましたけれど、それが試合では福岡の圧だったりに自分たちが受け身になってしまって、もっともっと攻撃的にいかなければならないところで受け身になってしまったことが、今日の結果だったと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ