J2昇格&残留争いはどうなる?LIVE(J論)

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J1第31節 福岡-清水】「自分たちのやりたいことを上手く封じてきた」/田邉草民/ジョン マリ

2021明治安田生命J1リーグ 第31節
2021年10月2日(土)13:34キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/6,216人
結果:アビスパ福岡 1-2 清水エスパルス
得点:[清水]チアゴ サンタナ(27分)、カルリーニョス ジュニオ(48分)、[福岡]ジョン マリ(81分)

◎田邉草民選手(福岡);
Q:途中からの出場になりましたが、今日はなかなかアビスパらしさが出なかった印象があります。ベンチではどのように見ていらっしゃいましたか?
「自分たちのやりたいことを相手が上手く封じてきたなと思いながら見ていました」

Q:点を取ってこいという形での途中出場だと思います。監督からはどのような支持を受けて、どのような意識でピッチに立たれたのか教えてください。
「監督にはボールに触って自分の良さを出すように、自分としてはチームが後半に入ってすぐに失点して少し落ちていたので、チームに勢いをもたらそうと思って入りました」

Q:終盤は逆転できるかもしれないという流れも作りました。狙い通りにチームに勢いをもたらすことはできたのではないでしょうか?
「勢いはあったんですけれども、僕を含め、最後のシュートが決まりませんでした」

Q:なかなか上手くいかないゲームでいかに勝点を取るか、勝利に持っていくか、それは次のステップに上がっていくためには必要なところなのかなと思います。
「何試合もやれば上手くいかないこともありますし、相手が対策してきて、なかなか自分たちの思うようにならないこともあると思うんですけれども、その時に悪い雰囲気にならずに、まずは0失点で前半を切り抜けるということが大事かなと思います。そうすれば、後半に自分たちが勢いを持って入れるのではないかと思います」

Q:今シーズンも残り7試合になりました。勝点50以上、10位以内という目標に迫っています。どのような意気込みでプレーしたいとお考えでしょうか?
「すごくいいシーズンをチームとして送ることができているので、目標を達成できるように気を抜かずに最後までしっかりやりたいと思います」

◎ジョン マリ選手(福岡);
Q:劣勢の中での貴重なゴールになりました。ゴールシーンを振り返っていただけますか?
「ゴールを決めたことは嬉しかったんですけれども、チームを勝たせることができなかったということに関しては喜ぶことはできません」

Q:残り7試合になりましたが、チームが掲げている勝点50以上、10位以内という目標まで、あと一歩のところに迫っています。残り試合をどのような気持ちでプレーしたいとお考えでしょうか?
「目標達成まではあと少しですが、もっともっと自分たちに対して厳しくやっていければ自分たちの目標は達成できるのではないかと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ