今年のJ2大展望LIVE(1/18(火)22時)【J論】

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第35節 福岡-横浜FC】「残り試合は3試合になったが可能性がある限り最後まで戦う」/早川知伸

2021明治安田生命J1リーグ 第35節
2021年11月7日(日)15:04キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/6,453人
結果:アビスパ福岡 1-1 横浜FC
得点:[横浜FC]フェリペ ヴィゼウ(55分)、[福岡]オウンゴール(90+1分)

◎早川知伸監督(横浜FC);
Q:試合を振り返って
「まず引き分けという結果になってしまったことに強く責任を感じております。多くのサポーターが福岡まで来てくれる中、そして選手たちは最後まで力を振り絞ってすべてやってくれている中で、勝利に持っていけなかったことは、すべて自分に責任があると感じています。本当に選手たちはよくやってくれたと思っていますし、戦う気持ちも自分が求めている物をすべて出してくれたというふうに思っております。残り試合は3試合になりましたけれども、可能性がある限り、最後まで戦うことを誓います」

Q:初めて外国籍選手枠5つをフルに使いました。起用の狙いを教えてください。
「特にフィールドに入ったブラジル人の4人の選手は、すごくパワーをみなぎらせてトレーニングしている中で、そのパワーというものを今日の試合で遺憾なく発揮してくれるだろうという期待を込めての起用になりました。本当に4人ともよくやってくれていましたし、4人だけではなくて全員が勝つことを目指してやっていてくれたと思います」

Q:前半の15分くらいまで、ロングボールとセカンドを拾う攻撃に少し主導権を握られかける展開でしたが、飲水タイム明けから改善したと思います。何か指示があったのでしょうか?
「もともと相手がやってくることというのを想定していた中ですべて行っていましたけれども、なかなかジョン マリがボールをキープできる時間が多くなったりだとか、あのパワーに少し押し込まれる部分はありましたけれども、よく順応して、よく対応して、そこからは問題なくゲームが進められたのではないかと思っています」

Q:最後のあの場面以外では、後半もほとんどシュートを打たせる場面はなく、勝ちゲームだったと思います。何かこうすればよかったいうようなところがあれば教えてください。
「分かりません」

Q:今日は後半の最後まで交代枠を使いませんでしたが、その辺りでどういった意図があったのかということと、選手を含めたマネジメントのところで反省すべき点があるのかどうか、いかがでしょうか?
「まず交代のところに関しては、ピッチ上で起きていることをしっかりと自分で見ている中で決断したことであります。選手たちが動けているかとか、いまここの状況で何が必要なのかということを考えた中で決断したことになります。そこは見ていただくしかないかなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ