【サッカー人気2位】岩尾憲が影響を受けた選手は遠藤保仁 読…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J1第36節 柏-福岡】「もう少し優位に進められるゲームになってもおかしくはなかった」/ネルシーニョ

2021明治安田生命J1リーグ 第36節
2021年11月20日(土)16:03キックオフ
会場:三協フロンテア柏スタジアム/5,827人
結果:柏レイソル 0-0 アビスパ福岡

ネルシーニョ監督(柏);
Q:試合を振り返って
「非常に拮抗した内容の試合になりました。対戦相手の福岡は、今シーズン、非常に失点数が少なくて非常に守備が安定しているチームですので、そういったチームに対して我々がどのように攻撃を仕掛けるのか、そこが一つカギになったわけですが、ゲームを通して、今日ピッチで戦ってくれた選手たちは、技術的な部分、戦術的な部分を含めて、非常に良くやってくれたと思っています。相手のゲームプランの一つとしては空中戦に持ち込むというのが狙いとしてあったと思うのですが、前半、特に終盤はそれに飲まれて、うちも長いボールを蹴り込むだけの時間になってしまったのですが、先ほども言いましたけれども、非常に守備が安定しているチームですので、そのチームに対して蹴り込んだところで、自分たちの狙いとしている形は生まれないと、ハーフタイムに選手たちには声を掛けました。
後半に入ってからは、ハーフタイムにボールを自分たちで握ってテンポを作ろう、慌てても仕方ないのだという話をした甲斐があって、しっかりとボールを握れたと思います。前半からも少しチャンスは作っていましたけれども、後半に入ってから、よりボックスに侵入する回数を作れていたのではないかと思います。ただ、なんといっても今日はボールがゴールに入らなかった。支配率だけを見れば、もう少し我々が優位に進められるゲームになってもおかしくはなかったのではないかなと思っています」

Q:相手がパワーのあるツートップを置いてきましたが、高橋祐治と古賀太陽の対応が非常に良かったと思います。彼らの評価はいかがでしょうか?
「非常に入りから素晴らしい出来だったと思います。笛が鳴る最後の最後まで集中を切らさずに、アラートにゲームに入れていましたし、空中戦、グラウンダーで入ったボールに対して球際のところも相当厳しく、相手に自由を与えない、そういう良い守備ができたと思っています。質問では祐治、太陽の話になりましたけれども、今日は守備の対応というのが非常に素晴らしかった、ゲームを通して非常に良い働きをしてくれたのではないかと思っています」

Q:今日は選手交代のタイミングとか時間帯が、いつもより遅めだったと思います。それは今日の先発メンバーだったり、戦術が機能していたからこそ、少し遅れたというところだったんでしょうか?
「そこは間違いないですね。本当に今日のゲームは、終始、レイソルが優位にゲームを運べていたと思いますし、相当数のチャンスを作れていたと思います。先ほども言いましたけれども、後半に入ってからは支配率もおそらく我々の方が相手を上回ってたんじゃないかなと。上手く幅を使ってしっかりとボールを握りながら自分たちでテンポを作るということができたと思います。ただ、なんといっても点を取りにいかないといけないというところで攻めの一手を変えよう、選手の特徴を少し変えることで攻撃に勢いをつけようという狙いがあって選手を投入しました。けれども、それまでのチームの出来が決して悪かったわけではなくて、今日スタートしたメンバーは非常に良い働きをしてくれたというふうに思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ