「football fukuoka」中倉一志

井上孝浩アカデミーダイレクター:アカデミーの選手たちから第二の冨安選手を出すことが冨安選手から与えられた我々の宿題

◎井上孝浩アカデミーダイレクター
【TV局による代表質問】
Q:冨安選手が指導された3日間は、選手たちにとってはどのような時間になりましたか?
「このプログラムの目的としては、アカデミーの選手たちの成長スピードの角度を上げること。今のままの成長スピードではなくて、この3日間をきっかけにどのように成長角度を上げていけるかどうかというところで、その目的達成のためには、とても効果的で素晴らしいプログラムになったのではないかなと思います」

(残り 2138文字/全文: 2352文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ