「football fukuoka」中倉一志

冨安健洋:大事なのはこの3日間だけではなくて、この先、どこまで継続できるかということ。その継続を彼らには求めたい

◎冨安健洋選手(アーセナル);
【TV局による代表質問】
Q:3日間指導されて今日で終わりましたけれども、感想はいかがですか?
「疲れましたね(笑)。改めて指導者側の感覚というのも知ることができたので、それを知ることができたというのも僕にとってプラスになりましたし、ユースの選手たちにとっても3日間という短い時間でしたけれど、1日目よりも2日目、2日目よりも3日目というふうに、どんどんどんどん良くなっているのが目に見えて分かったので、本当にいい機会をいただいたなというふうに思っています。でも、彼らに言ったのは『大事なのはこれからだよ』ということで、これからどうするかというのは選手次第ですけれども、でもいつか日本代表などで一緒にプレーできる日が来ることを楽しみにしています」

(残り 6294文字/全文: 6630文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ