【サッカーパック人気3位】 1日1回読むだけで身につくサッカーの見方の基礎知識【会員限定】ビルドア…

西部謙司 フットボール・ラボ

【J1第22節分析】総合力で上回った鹿島。白崎凌兵と三竿健斗が出色のプレー/“外す”動きの連続で圧巻の名古屋の崩し。18歳、藤井陽也の落ち着きに驚き/ファンバステンのようだった山田直輝

毎週、火曜日にお届けするJリーグ戦術分析。今週は、J122節の鹿島アントラーズvs横浜F・マリノス、名古屋グランパスvs川崎フロンターレの一戦を徹底レポート。奧埜博亮(セレッソ大阪)、山田直輝(湘南ベルマーレ)、ドウグラス(清水エスパルス)のゴラッソも総ざらいします。

CFがはまらない横浜、一枚上手だった鹿島。白崎凌兵、三竿健斗が出色のプレーを披露

鹿島アントラーズと横浜F・マリノスの一戦、首位のFC東京への挑戦権を賭けた試合は鹿島が勝利しております。

鹿島のインテンシティに対して横浜FMは思うような攻撃がなかなかできず、エジガル・ジェニオの負傷欠場を埋めるセンターフォワードも不在。土居聖真のゴールがオフサイド判定になったり、扇原貴宏の退場など、いろいろありましたが、総合的に鹿島が1枚上だったかなという感想になります。

マッチアップはこんな感じ(図1)。

【図1】鹿島vs横浜FMのマッチアップ

横浜FM得意の偽サイドバックは、鹿島のサイドハーフが少し絞れば問題なし。立ち上がりに前からハメて、ペナルティーエリア内で奪ったところから25秒でセルジーニョが先制しています。これは狙いどおりでしょうね。

(残り 2330文字/全文: 2895文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック