【サッカー人気4位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

西部謙司 フットボール・ラボ

【J1第23節分析レポート②】北海道コンサドーレ札幌が圧勝できた理由は攻撃力だけではなく洗練された守備にもあり。可変システムの構造的な弱点を解消したミシャの手腕

毎週、火曜日にお届けするJリーグ戦術分析。今週は、J123節のFC東京vsサンフレッチェ広島、清水エスパルス対北海道コンサドーレ札幌の一戦を中心に2回に分けてレポートします。

驚異の8ゴールの陰に隠れた札幌の堅守。誰がどう動くのか非常に整理されている

もう1試合、取り上げるのは清水エスパルス対北海道コンサドーレ札幌。札幌が何と怒濤の8ゴールです。これでJ1最多50失点となってしまった清水ですが、最近はしっかり守れていただけに驚きました。天皇杯から中2日という体力的な影響もあったかもしれません。

札幌も広島と同じミシャ式、というか本家ミハイロ・ペトロヴィッチ監督が率いているので当たり前ですが、8ゴールの攻撃力もさることながらこのゲームでは守備が良かったと思います。

(残り 1407文字/全文: 1740文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ