【サッカー人気4位】マルコス、エジガル、杉本竜士、遠藤渓太…

西部謙司 フットボール・ラボ

【J1クラブ展望/横浜F・マリノス編】王者が乗り越えなければならない2つの壁。最大の補強にはほぼ成功。鍵を握る仲川と水沼の起用法。

キャンプをスタートさせるクラブも出てきて、いよいよ新シーズンの足音が聞こえてきました。西部謙司のフットボールラボでは、ひと足早くJ1クラブの新シーズンを展望。まずは昨季王者の横浜F・マリノスから占います。

優勝メンバーを残すことが最大の補強だった?

すでに2020年シーズンへのスタートが切られています。補強もほぼひと段落し、各チーム、キャンプ・インというところ。そこで来季へ向けて、個人的な期待込みでJ1各クラブの展望をしてみたいと思います。

というわけで、昨季優勝の横浜F・マリノスからいきましょう。

優勝チームですから、そんなに大きい補強はしていません。優勝メンバーを残すことが最大の補強ということなのでしょう。借りていたエジガル・ジュニオを残せたのは大きいのではないでしょうか。一方で、名古屋グランパスから借りていたマテウスはレンタル・バックになりました。これは致し方ないとはいえ戦力的にはマイナスですね。昨季後半戦にみせた縦への推進力でマテウスの存在は大きかったと思います。

(残り 1082文字/全文: 1520文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック