【サッカー人気2位】他クラブでウイルス感染者が発生。栃木が…

西部謙司 フットボール・ラボ

やはり規格外だったオルンガ。でも、柏の強力な攻撃のキーマンは間違いなく今季注目の江坂。札幌は菅がなぜ五輪代表で序列が低めなのか?という活躍【J1第1節 柏v札幌】

ついに開幕したJ1リーグ。今節は柏vs札幌にフォーカス。驚異の攻撃を繰り出し柏の戦いぶりと、強力なアタックラインのキーマンを分析。札幌は守備は崩壊したものの攻撃面で光ったポイント、選手を解説します。

江坂はなぜいつもフリーになれたのか? 光るアイデアと技術と観察眼

J2から昇格した柏が4ゴールで札幌を下しました。オルンガと江坂任が2ゴール、2失点した守備にやや不安はあるものの攻撃力が爆発しております。

柏のフォーメーションは4-1-4-1ですが、攻守で形を変えていました。守備のときは左インサイドハーフの江坂がオルンガと前線の守備を担当する、4-4-2に近い形です。

守備時の柏レイソルの陣形

攻撃は江坂が左のハーフスペースを中心に動く4-3-3のようでした。

攻撃時の柏レイソルの陣形

先制点は13分、右サイドのオルンガからペナルティーエリア外にいた江坂に横パスが通り、江坂が左へ持ち出してシュート。オルンガのパススピードが速かったのと、江坂のポジショニング、左足のスムーズなシュートが印象的でした。江坂は右利きですが、左も同じぐらい使えますね。

(残り 1226文字/全文: 1826文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック