【サッカー人気5位】仙蹴塵記×KAWAJIうぉっちベガルタ…

西部謙司 フットボール・ラボ

突然のクラブ消滅が残した禍根―本家による「バルサ化」で有終の美を飾った1998年の横浜フリューゲルス【Jリーグ・タイムトラベル】

日本が悲願のW杯初出場をはたした年でもある1998年、横浜フリューゲルスはジェットコースターのような1年をおくった。サッカー史に深く刻まれている伝説を残した年にJリーグタイムトラベル!

地域密着を掲げていたJリーグだったが… 

日本代表が初出場したフランスワールドカップが開催された1998年は、ファーストステージがジュビロ磐田、セカンドは鹿島アントラーズが優勝。チャンピオンシップを鹿島が制しています。鹿島と磐田の二強時代ですね。

ただ、この年で忘れられないのは横浜フリューゲルスの消滅です。

ファースト8位、セカンド7位、総合成績は6位ですが天皇杯で優勝しています。そして、1999年元旦の天皇杯決勝が最後の試合でした。

二大スポンサーだった全日空と佐藤工業のうち、佐藤工業が本業の業績不振から撤退せざるをえなくなり、全日空だけでは支えきれないため、横浜マリノスに吸収合併される形となっています。

衝撃でしたね。Jリーグのクラブは株式会社なので倒産もありえるわけですが、まさかクラブが消滅するとは思ってもみませんでした。

(残り 1561文字/全文: 2017文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック