【サッカー人気2位】悪質なスライディングタックルでディエゴ…

西部謙司 フットボール・ラボ

マリノスが川崎フロンターレ化? FC東京の持ち味を封じ込めた“変化”【月刊「横浜FM」vol.5】

西部謙司のフットボールラボでは、これまでのレギュラーコンテンツにプラスして、毎月1つのクラブを重点的に取り上げて週1回程度のペース(月4回程度)で特集していきます。題して「マンスリー・クラブ・フォーカス(MCF)」。10月は横浜F・マリノスを大特集です。特集第5回目は過密日程のなか快勝したFC東京戦を総括します。

川崎フロンターレ化は偶然なのか、それとも…… 

10月の横浜FM編の最終回です。24日の日曜日にFC東京と対戦しましたが、これが第28節。ACLがあるので前倒しです。そんなこんなで中2,3日の試合が続き、FC東京戦で21連戦。ローテーションでやり繰りしてきましたが、高強度型サッカーの横浜FMにとって今季の過密スケジュールは重くのしかかりましたね。

ただ、この試合は4-0と快勝しております。前半は双方、“らしい”プレーで五分の展開でしたが、後半に入ると5456分とジュニオール・サントスが連続ゴール。FC東京はアルトゥール・シルバが退場となってしまい、10人で2点差を追いますが、逆に横浜FMのカウンターアタックが炸裂して水沼宏太とエリキが加点しました。

この試合の横浜FMは、何となく川崎フロンターレ化しているように見えました。

(残り 1164文字/全文: 1685文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック