【サッカー人気5位】続く連戦にポステコグルーは「複数のやり…

西部謙司 フットボール・ラボ

【西部謙司の移籍通信簿】180度転換のセレッソに必要なラストピースは? 新戦力少な目の鹿島と不気味なほど動きのないFC東京の狙いとは?

J1クラブの移籍動向を徹底査定。今回はセレッソ大阪、鹿島アントラーズ、FC東京の補強をチェックしてみました。

<今回の見出し>

・セレッソ大阪:攻撃型への転換とヨニッチの穴埋め問題

・鹿島アントラーズ:大きいエヴェラウドの残留。ザーゴ監督2年目のポイントがハイプレス設計

・FC東京:極端に動きの少ない理由は? 昨季から続く課題をどう克服するかが焦点

 セレッソ大阪:攻撃型への転換とヨニッチの穴埋め

昨季3位のセレッソ大阪はミゲル・アンヘル・ロティーナ監督が退任(清水エスパルス監督就任)、新監督がレヴィー・クルピですから180度の転換じゃないですかね。堅守とビルドアップを組み合わせたスタイルで安定感のあるチームを作ったロティーナ期から、攻撃型へ舵を切るはずです。柿谷曜一朗は移籍しなくてよかったのではないでしょうか()

C大阪の移籍動向で注目されるのはマテイ・ヨニッチの放出です。

(残り 1644文字/全文: 2031文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック