現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

西部謙司 フットボール・ラボ

【徳島ヴォルティスの移籍通信簿】J2時代のスタイル継続を求む願望とエビデンス。補強の目玉は十代の「小さなライカールト」も注目はあの重鎮

J1クラブの移籍動向を徹底査定。今回は昇格組の徳島ヴォルティスをクローズアップ。補強のプラスマイナスと注目選手を解説します。

徳島ヴォルティス:スタイルの継続が昇格組成功の道? 移籍の目玉は藤田譲瑠チマや宮代大聖も注目は組み立て能力抜群のキャプテン

最大の懸念材料が監督不在。ダニエル・ポヤトス新監督がいまだに来日できておりません。入国規制のためですが、リカルド・ロドリゲス前監督はすでに浦和レッズですからコーチ陣の下で開幕への準備を進めているようです。どうやら監督は開幕戦も間に合わないとか。

ただ、J2優勝の主力は残っています。これまでの継続性もありますし、監督交代による初期の混乱等のマイナスがないと考えれば、そんなに悲観しなくてもいいのかもしれません。

(残り 540文字/全文: 866文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ