現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

西部謙司 フットボール・ラボ

衝撃的だった三笘薫のあのワンプレー。素質の片りんを見せた川崎&横浜FMの両ルーキーは「今風」だった【開幕戦スペシャルレビュー】

川崎フロンターレと横浜F・マリノスの差はどこにあったのか? また、両チームのルーキーのプレーはどうだったか。開幕戦をじっくりレビューします。

「時間」を操り優位に立った川崎。両チームのルーキーが見せた素質の片りん 

後半の三笘薫のボールコントロールが凄かったですね。右斜め後方から来たパスを右足でボレーシュート! とみせかけて抱え込むようなワンタッチで左へ持ち出してGKをかわしたプレーは圧巻でした。あれ、そのままボレーでもスーパーだと思いますが、トラップにしたのはビックリ。ちょっとボールが離れてしまい、後方から来た旗手怜央がシュートして外れましたが、あのまま三笘が決めていたら開幕戦にして今季のベストゴールになっていたかもしれません。

あのワンプレーだけでも開幕戦の価値があったかと思いますが、王者・川崎は強かったですね。

前半の家長昭博の2ゴールで勝負を決めています。この2ゴールも素晴らしかった。

(残り 1206文字/全文: 1602文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ