【サッカー人気3位】ゲーム形式では松崎快がアグレッシブなプ…

西部謙司 フットボール・ラボ

日本代表の苦戦は「自作自演」に等しい。森保監督にいま求められる非情さ

ベトナム、オマーン戦ではっきりした選手の序列のアンバランス。塩試合を繰り返す森保監督にいま求められるのは非情さではないか。日本代表、失敗の本質を問うてみました。

日本代表の苦戦は「自作自演」に等しい 

ワールドカップ・アジア最終予選はベトナム、オマーンのアウェイ連戦に勝ち、オーストラリアが中国と引き分けたので、日本はグループ2位に浮上しております。アウェイでオーストラリアに勝てるかどうかは微妙そうですが、ホームでサウジアラビアを叩けば2位は確保できそうな流れではないでしょうか。

ワールドカップに出場できないのは、やはりシャレになりません。この際、内容はどうでもいいので予選だけは通過していただきたいものです。予選の内容なんて、ワールドカップに出てしまえば誰も気にしませんよ(たぶん)。

とはいえ、ワールドカップ本大会につながる内容もないと期待感は膨らみません。

戦術的にはオーストラリア戦で窮地を脱した4-3-3を継続していました。ただ、やはりというか進歩はないんですね。オマーン戦の後半は光明が見えましたが、正直この先どうなるかもわからないところはあります。

 

三笘単品に負けた左サイドのコンビ。求められる序列の変動と森保監督の非情さ 

(残り 735文字/全文: 2495文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ